2014/01/08

『特殊警備隊 ブラックホーク』福田和代 感想

特殊警備隊 ブラックホーク特殊警備隊 ブラックホーク
(2012/06/27)
福田 和代

商品詳細を見る

治安の悪化した近未来日本を舞台にして
要人警備隊ブラックホークの活躍を描いた一冊。

テーマがテーマだけにアクションシーンは
多いものの、それだけでなくSF的なギミックが
数多く出てくるのは福田さんらしいですね。
高度な情報共有システムと連携しての警備や
携帯端末、ロボットといったハイテク機器など、
少しだけ未来の光景を見ることが出来ます。
技術自体はもう10年もすれば届きそうかな?

格差が広がりまくった社会というのは
最近の近未来小説ではお約束の舞台設定か。
VIPに対するテロが日常茶飯事で対策のために
警備員を雇うのが当然という殺伐とした社会。
もちろんVIPといってもいい人も悪い人もいて、
警備員としては微妙な対応を迫られることも。
警護対象の本性を見抜けるかという
ミステリー的な要素があるのも面白いです。

今回の本では新米警備員・最上が
様々な事件を通じて警備員としての心構えを
得るところまでが書かれているのですが、
ライバル役である元親友テロリストは
顔見せ程度ですし、続編は出そうな気配です。
というか続編が出ないと消化不良です。
シリーズ物なら今後に期待ですが、
これ一冊で終わるなら設定が美味しいのに
強引に纏めたのが惜しいという感じでしょうか。

しかしブラックホークにクーガって
どっちもテロリストみたいな名前だなぁ。

コメント

非公開コメント