2014/01/08

『アスタブリード』 感想

公式はこちら。

ハイクオリティな同人ゲームを作り続ける
えーでるわいすさんの新作をクリアしてみました。

ジャンルとしては分かりやすいアクションSTG。
横シューや3Dシューに視点を変えつつ、
敵を切りまくりながら進んでいくゲームです。
ロックオンシステムなど特殊機能もありますが、
使い方は一発で分かるのでまったく問題なし。

ひとまず難易度ノーマルでクリア済み。
前半は斬撃でごり押しできたのですが、
流石に後半では何度もコンティニューする破目に。
それでも繰り返してるとパターンは見えましたし、
アクションが得意な人なら余裕でしょう。
他にもHardやEasyがあることを考えると
難易度はちょうどいいか、若干簡単気味かな?
最近ジックリゲームしなくなった自分としては
これぐらいがちょうどいいのかもしれません。

ただ、敵や弾が増えると目が追いつかず、
よく分からないまま被弾することも多かったです。
難しいというよりは見にくいという感じ。
後半に行くと目が慣れてきて被弾は減るものの、
ゴチャゴチャしている印象は拭えませんでした。
ここら辺は背景との兼ね合いもあるかな。
グラフィックが綺麗なゆえの欠点でしょうか。
とりあえず見にくくなったらボムぶっぱ安定です。

演出は派手で眺めているだけで面白い。
グリングリン動くロボもかっこいいですが、
戦闘中やデモでキャラが喋りまくるのも良い。
登場キャラは思っていたより少なかったですが、
ワイワイ喋るので作品としては賑やかな印象です。
主人公は気持ちのいい馬鹿ですし、姉妹は可愛い。
禿げ親父も主人公以上に馬鹿で熱かった。

でもストーリーはかなり駆け足でしたね。
始まったと思ったらいきなり最終決戦に突入し、
そのまま一気に駆け抜けていった感じです。
キャラももう数人欲しかったなぁ。
STGのステージ数的には仕方ないんですけど、
1クールアニメだともっと綺麗に収まりそう。
まあSTGで13ステージとかだと死にますが。
あと、自分としてはラスボス戦よりも
その一つ前の方が盛り上がったのが残念かな。
王道展開ではあるんですけどね。


まとめ。
細かいことを考えずにスカッとできるゲーム。
撃ってよし斬ってよしで敵を殲滅していくのは
気持ちいいですし、合間に入る演出もかっこいい。
STGなので一周するのにかかる時間も短く、
心が折れる前にクリアできる難易度もいい感じ。
可愛い姉妹による萌えシーンなんかも
あったりして、まさに充実の内容でした。
ロボ系STG好きならお勧めできると思います。

しかしクオリティの分、お値段も高め。
ここまで力を入れてる作品だと内容的にも
値段的にも商業作品との差が少ないんですよね。
サントラ付きなのでお得だとは思うのですが…。

コメント

非公開コメント