手を出したものの感想を書き溜める場所
『人生教習所』垣根涼介 感想
人生教習所人生教習所
(2011/09/30)
垣根 涼介

商品詳細を見る

小笠原諸島の歴史や自然に触れることで
物の見方を変え、人生を豊かにしようという
人間再生セミナーでの出来事を描いた小説。

メインキャラは引き篭もり東大生・太郎に
元ヤクザの柏木、おデブな女性ライターである
由香という3人の人生ドロップアウト組。
基本的にはコミュ障気味なメンバーですが
そんな彼らがこのセミナーを通して成長し、
最終的にはちょっぴり前向きになって
歩き出すところまでがこの小説の内容です。

基本的には小笠原でのスローライフ生活の
描写ばかりなのですが、合間合間に認知科学の
講義を挟むことで、小笠原という特殊地域での
生活により深みを出しているのが上手いです。
単に緩いコミュニティで生活するだけでなく、
そこに至る背景までも分析していくという
教養小説的な面も非常に強い小説でした。

ただ、大きなストーリよりも小笠原の歴史や
自然に関するルポルタージュが多いので、
そういう薀蓄に退屈する人には合わないかも。
自分としてはそういう部分も楽しめましたけど、
退屈と切り捨てる感覚も分からなくもない。
足を止めて自分の位置を考え直す小説なので
少しお疲れ気味な人向けかもしれません。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック