手を出したものの感想を書き溜める場所
『Bradyon Veda』体験版 感想
公式はこちら。

変化球気味なゲームを出し続ける暁WORKSさんの
新作「Bradyon Veda」を体験してみました。

今作のジャンルはバトル系ADV。
舞台となるのは大戦で敗北した近未来の日本。
主人公はたった10人で日本軍を壊滅させ、
戦後行方不明になった最強の特殊部隊の一員。
不穏な動きを見せ始めたかつての同僚の野望を、
果たして主人公は阻止することが出来るのか?

という感じで、なんというかもう掴みだけで
ワクワクする気持ちが止められません。
軍を壊滅させる人外存在って大好物。
敵がかつての仲間という展開も大好物。
体験版では話の展開はストレートなので
先は読めるのですが、王道で悪くないです。

主人公は生まれや育ちがアレなので
ちょっと斜に構えたところはあるものの、
戦闘でも常に冷静な態度を崩さないのは渋いです。
スペックの低さを小細工で補っているのは熱い。
ヒロインのカヱデさんは真面目軍人可愛い。
悪い人に騙されそうで心配になりますけどね。
渋いおっさんが出ているのは嬉しいところ。
今後も大人の駆け引きを見せていただきたい。

売りである戦闘は結構独特なノリ。
戦闘スタイルは、特殊な機器・ASCを使用し
カートリッジを消費することで古の神々の力を
借りるという化学と魔法のハイブリッド設定。
メガテンと違うのは、直接自分の身体に
神々の力を降ろして戦うという点か。
弾切れや燃費を気にしながら戦うのは面白い。

テキスト面では薀蓄がかなり多いですね。
村正が剣術ネタが多かったのに対して、
こちらは化学ネタが非常に多いのが特徴か。
相手の攻撃を科学的に分析して、手持ちの術を
応用することで対応していくという感じかな。
私はこういう薀蓄は割と好きなんですけど、
テンポが悪いと感じる人もいそう。

SEや演出が弱いのはバトル物としては残念か。
まあ技的にド派手なSEが出るものじゃないですが、
そこはフィクションですしリアルは無視して
ドギャアアン!って感じでやって欲しかったです。
立ち絵ももう少し増やして欲しいところ。


まとめ。
真面目な燃えゲーというべきなのか。
舞台設定やバトル設定は凝っていますし、
現時点では萌えゲーとしての媚びも少なめです。
神の力を借りる戦闘スタイルはかっこいい。

上記のように演出面での弱さは感じるものの、
こういうゲームは応援したくなるのが人の情。
1月の購入候補としてメモっておきます。

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック