2013/10/13

スズキ・アルトエコ 試乗感想

スイフト入院中につき代車生活中。
これでもらい事故は2度目です。
そろそろ本気でお払いしてもらおうかしら…。

まあそれはともかくとして。
代車としてやってきたのがアルトエコ。
アルトエコといえばスズキ自慢の低燃費番長。
折角なので色々乗り回してみました。

ちなみにこのアルトエコはマイチェン前の物。
よってカタログ燃費は30.2km/Lとなりますが、
それでもうちのスイフトの2倍近くあります。
でも燃費計では18km/Lなのはご愛嬌。

外装、内装は実に安っぽい。
実際に安い車なので相応ではあるのですが、
低燃費ナンバーワンを名乗る車としては
物足りなさを感じるのも確かです。
そこら辺がミライースに追いつけない要因か。
でもローダウンによる車高の低さはいいですね。
この程度の車高ダウンだと下品にならず、
適度に引き締まったスタイルに見えますし。
しかしこのデザイン、黒色には全然合わんなぁ。

ノンターボの軽自動車なので非力なのかと
思っていたのですが、実際に走らせてみると
これが思っていた以上にパワフルでした。
車体の軽さもあってスイスイ走ってくれます。
Sモードを使わなくても町乗りなら問題なし。
流石に急加速時はエンジンが唸りますけど、
しっかり踏めば高速走行もいけるでしょう。

しかし足回りはなんだか妙な感じ。
低速だとゴツゴツしているのに収まりが悪く
フワフワしたシートも相まって不安感満載です。
しかし中高速だとローダウン効果もあってか
意外とフラットに走ってくれるのが面白い。
ただし車中が軽い上に足の動きが変なので
ちょっとした段差で物凄く跳ねるんですけどね。
高扁平過ぎるタイヤと高過ぎる空気圧という
組み合わせも悪さをしているような気が。

アイドリングストップはガンガン止まりますね。
再始動時の騒音、振動の少なさは普通車並み。
いや、もしかするとインプ辺りより静かかも?
でもやっぱり、停車前にエンジン停止して
ブレーキを動かすと再始動するのは忙しいです。
最近の車では当たり前になってきた機能ですけど、
エンジンかかりっぱなしの方が落ち着くなぁ。

まとめ。
良くも悪くも普通の軽自動車でした。
値段はお安くて実燃費も悪くなさそうなので
一人で街乗りするだけならこれでいいかも。
ただ、ライバルであるミライースはというと
燃費性能を上げて安全装備も充実させてますし、
現状ではアルトエコの勝ち目は薄いかと。
やはりマイナーチェンジだけではなく
完全な新型となる次期アルト待ちですかね。

しかし最近のスズキは車の出来はいいのに
フルモデルチェンジで「変わった!」という
インパクトを出せていないのが気にかかる。
ワゴンRにしろスペーシアにしろ見た目が
地味なせいで他を選んじゃうんだよなぁ。

コメント

非公開コメント