2013/09/17

『砂の王国』荻原浩 感想

砂の王国(下)砂の王国(下)
(2010/11/16)
荻原 浩

商品詳細を見る

ホームレスまで堕ちた中年男性が
一念発起して新興宗教を立ち上げるという物語。
他の感想でも何度も言われていますが、
発端は篠田節子さんの「仮想儀礼」に似ています。

ただ、これも他の感想で言われているのですが、
「仮想儀礼」では宗教というものの
奇形化が重点的に描写されていたのに対し、
「砂の王国」ではあくまでこの宗教を立ち上げた
木島という人物の描写がメインになっています。
「仮想儀礼」は徐々に淫靡な邪教めいた
雰囲気になって行ったのですが、「砂の王国」は
木島の金儲けの話という感じでしょうか。

この差自体は全く問題ないのですが、
「仮想儀礼」が行くとこまで行ったのに対して、
「砂の王国」は途中でドロップアウトした感が
強いので、読後に少し物足りなさが残りました。
教団の行方だけでなく木島本人の離婚問題も
結局ケリがついてないのがモヤモヤします。
過去のトラウマも投げっぱなしですし。

ただ、それでも終盤までの流れは面白いです。
こういうどん底から這い上がって組織を
育てていく物語というのはワクワクさせられる。
内部分裂が起こり始めた辺りなんかは
これからに期待していたんですけど、
それだけに終盤の展開が惜しいと言うか。

こういう物語は教団崩壊で終わるにしても、
悪人主人公大勝利で終わるにしても、
しっかりケリをつけて欲しいところですね。

コメント

非公開コメント