2013/06/09

日産・DAYZ 試乗感想

早速試乗してきました。
日産初のオリジナル軽自動車だけあって
力を入れてるのか、試乗車が来るのも早い。

グレードはハイウェイスターのターボなし。
外見、内装はそこそこ纏まってはいるものの、
ムーヴやNONEの上級グレードよりは地味かな。
DAYZの内装の特徴としてセンターに居座る
巨大なピアノブラックパネルがあるのですが、
これのせいでノッペリしてしまった印象。
タッチパネルエアコンが好きならいいですが、
特に興味がない人には微妙なデザインかも。
私はスイッチをカチカチやる方が好き。

シートの当たりは悪くないのですが小さめ。
普段大きめのシートに乗っている人なら
足が結構余ってしまうんじゃないですかね。
ここら辺は女性基準で作ってるのかな。
前後や高さは十分ですけど、所詮は軽なので
やっぱり横幅はちょっときつかったです。

ボタンでエンジンを起動していざ出発。
外からの騒音は抑えられていましたけど
エンジン音は結構やかましかった印象。
まあNAなんで当然っちゃ当然なんですが。
大人二人乗りでの坂道も結構苦しかったです。

乗り味は可もなく不可もなくという感じ。
ちょっとバタ付き感はあったものの、
これはタイヤの空気圧が高かったせいかな。
何だかカーブの挙動が不安定と思ったら
ターボ付き以外はスタビ無しなんですね。
これぐらいは標準装備して欲しい。

売りであるアラウンドビューモニター。
これはノートの時も思いましたけど不要かな。
車庫入れが苦手な初心者用装備ですね。
一応安全装備ということなんでしょうけど、
エアバッグや横滑り防止装置に比べると
実際の効果は薄いような気がします。

燃費は同クラス一位とのことでしたけど、
試乗車の燃費計は12km/Lでズコー。
まあ普通に運転するとこんなもんでしょうね。
最近は広告にもカタログ燃費通りには
出ないっていう注意書きがあるぐらいですし。
とりあえずほどほどに丁寧に運転して
12.5まで伸ばしてやりましたわ。

まとめ。
新型車の割にはインパクトが薄かった。
スペース効率や質感は他の軽を研究して
それなりに仕上げてあるとは思うのですが、
実際に運転しての満足感は少なかったです。
自分だったらNONEやムーヴを買うかなー。

ただ、他より大きく劣るわけではないですし、
日産というブランドを加味すれば売れそう。
そういう意味ではブランドネームの力を
計る車になるのかもしれません。
三菱の方との販売数の差にも注目ですね。

コメント

非公開コメント