2013/06/04

『純愛小説』篠田節子 感想

純愛小説 (角川文庫)純愛小説 (角川文庫)
(2011/01/25)
篠田 節子

商品詳細を見る

エグい。

いやまあ篠田さんの純愛の時点で
エグいのは予想できていたのですが、
うん、まあ予想通りエグかったですよ。

「純愛小説」は少し捻った純愛小説。
浮気好きだった男が浮気をやめた理由。
妻としては嬉しいはずなのですが、
一冊の純愛小説によって二人の関係は…。
最後のどんでん返しはある意味純愛否定。
純愛って甘いものじゃないんですよね。

「鞍馬」は恋を知らず生きてきた老婆の物語。
この年になって初めて男から優しくされた
女性の心情が痛々しく描かれています。
描写自体はロマンチックなのに、痛い。
今まで本当に何事もなく生きてきたことが
ヒシヒシと伝わってきて欝になりそうです。

「知恵熱」は息子の恋愛に悩む中年男の物語。
息子に恋人が出来たのは嬉しいものの、
その母親、つまり自分の嫁との板挟みに。
女同士の間に入る男親の苦悩が微笑ましい。
この本では唯一ほのぼのとした内容ですね。

「蜂蜜色の女神」はまさに純愛。
聡明で美しくて自分を愛してくれる女性か、
醜女で愚かだけど自分を愛してくれる女性か。
愛の重さが互角だとしてもなんとなく
後者が純愛っぽく見えてしまうのが不思議。
間にあるのが愛だけだから純愛に見えるのか。
うーん、難しい難しい。

コメント

非公開コメント