2013/05/23

『ギャングスタ・リパブリカ』体験版 感想

公式はこちら。
WHITESOFT『ギャングスタ・リパブリカ』応援中!
WHITESOFTさんの新作はシナリオ元長柾木さん、
原画ミヤスリサさんという古株コンビの作品。
元長さんはエロゲ業界に定着するのかな。

自分が悪であることを公言する主人公。
そしてそんな主人公が属するのがギャング部。
邪悪であることをモットーとする部ですが、
実際やってることはただのボランティア。
そんな彼らの目指す先にあるものは…。

「悪」といっても相手のために色々やって
サボらせてやるぜみたいなノリなのは面白い。
ただ、この「実はいいこと」というのを
繰り返すせいで話の展開自体はゆっくりめ。
屁理屈で「悪」を作るという展開を
楽しめなければちょっとダレてくるかも?
体験版はそこそこボリュームがあるのですが、
話は部活本格始動まで進んで終わりですし。

お話は「悪」がテーマなのは明らかですが、
そこをどう掘り下げていくのかは気になる。
元長さんのことですから後半は斜め上へ
ぶっ飛んでいってしまうんでしょうけどね。

日常会話のテンポもまったりしています。
この駄弁り感はちょっと古めのエロゲっぽい。
ヒロインとしては幼馴染であるこおり、
妹である希の出番が飛び抜けて多かった印象。
禊は登場が遅めですけど、登場してからは
メインヒロインの風格を見せてくれます。
ゆとりとシャールカは活躍が少なめ。
でも後々大きな仕掛けがありそうな二人です。

まとめ。
面白い切り口の青春物という印象ですね。
「悪」や「心の中のガラクタ」という材料が
いい感じで青臭く、結末が気になるところ。

ただ、今回は会話のテンポやキャラが少し
合わなかったので様子見になりそう。
主人公の青臭さは意図しているのものとは
分かっててもおっさんにはちょっと眩しい。
もう5年若ければ…と少し切なくなりました。

コメント

非公開コメント