2013/04/26

デビルサバイバー2第4話 感想

啓太が死亡し凹む響希たち。
しかし落ち込む暇もなくセプテントリオン出現。
予告で分かってたことですけどやっぱでけぇ。
これはもう怪獣とか使途とかそっち系ですわ。
戦車持って来るのも当たり前ですね。

結界がないとこんなにでかくなるのか。
結界すげぇ。めっさ役に立ってますやん。
戦車はあっさり全滅してサマナーたちの出番。
でもサマナーがなんとかできるものかこれは?

……と思ってたら凄い勢いで殺されました。
死亡者数にも驚きましたけどサマナーが
これだけ沢山いたことにも驚きました。
大和も使い捨て感覚だし全然珍しくないのか。

メラクビーム凄い。それを弾く通天閣も凄い。
事態を見過ごせなかった響希は前線に飛び出し
その代わりに維緒が防衛ラインに到着。
維緒ちゃん可愛いけど響希との関係が薄くて
微妙にヒロイン度が低いのが心配である。

流石のビャッコといえど敵に電撃が通じず
肉弾戦だけでは決定打を与えることが不可能。
そして響希を庇った緋那子さんが負傷。
前回が前回だけに死んだかと思った。

ちらほらと姿を見せていた少年・アルコルが
ようやく響希とファーストコンタクト。
こういう思わせぶりキャラは定番ですけど、
話をスムーズに進めるには必要でしょうね。

メラクに対抗する維緒の新悪魔・キクリヒメ。
新悪魔は気合で手に入る感じなのかな。
まあ、いちいち入手シーン入れるのも面倒か。
そして気合を入れた響希のビャッコによる
凄い一撃が発動してついにメラク撃破。
空中の敵に対して攻撃できないかと
思ってたんですけど何とかなってしまった。
ここら辺は主人公補正っぽい。

そしてジプスに敵対するというロナウドが
響希をスカウトしたところで次回へ続く。
ここでも放置される維緒がちょっと哀れ。
別勢力か…人類同士で争っている場合じゃ
ないような気がしますけどね。

コメント

非公開コメント