2013/03/09

『月見月理解の探偵殺人』第1巻、第2巻 感想

月見月理解の探偵殺人(1) (シリウスKC)月見月理解の探偵殺人(1) (シリウスKC)
(2013/03/08)
白梅 ナズナ

商品詳細を見る

ニコニコ静画で連載されていた漫画版月見月。
その単行本版がついに発売されたのですよ!
ここ最近読んだ漫画では一番好きなので
単行本発売は本当に待ち遠しかったのです。
さあ、この微脚に震えるがいい!!

というわけで早速感想。

うん、全体に横長だ。
この漫画、ニコニコで連載されていたせいで
各コマが全体的に横長になっているんですよね。
読みにくい、というほどではないですけど、
普通の漫画と比べての若干の違和感はあります。

しかしほぼ忠実に移植しているだけあって
ニコニコでも感じた長所はもちろん健在です。
やっぱりこの作者さんの描く表情は素晴らしい。
原作のアクの強い展開をアクの強い表情で
見事に表現しているんじゃないでしょうか。

可愛いモードと顔芸モードの落差も凄いですが、
喜怒哀楽のハッキリしてない間の表情も上手い。
主人公であるれーくんは真面目モードに入ると
表情が消える難しいキャラだと思いますけど、
それでも感情が伝わってくるのがいいですね。

おまけの巻末漫画も面白かったです。
1巻のおまけ漫画は月見月連載開始時の
作者さんと編集側のやり取りについてなのですが、
編集側の無茶振りが酷過ぎて笑ってしまった。

連載時もボリュームが凄いと思ってましたけど、
やっぱり作者さん的には相当修羅場だったのかー。
編集側が1話80コマとか言い出したところで噴いた。
いや普通に200~300とか行ってましたから!
これ以上削れないぐらいでしたから!
ニコニコの編集って恐ろしいところやで…。
そんな中ちゃんと書ききってくれた作者さんには
心から拍手を送りたいですね!
そういや理解の帽子なかったなぁ。

2巻のおまけは書き下ろしイラスト。
短髪理解もいいけどやっぱ理解はツインテが似合う。
妹ちゃんと宮越さんは可愛い。
しかし女装れーくんの方が以下略。
理解のエロ本漁りと宮越さんの煮魚ネタは原作でも
好きだっただけに、ここで見られて良かったです。
お妃様はやっぱ退学しちゃったんかな。

予告漫画は普通にネタバレっぽくて笑ってしまった。
3巻で完結ですけどやっぱ続きも見たいですねー。
理解と交喙の貧乳ヒロインコンビ大好きです。

コメント

非公開コメント