手を出したものの感想を書き溜める場所
『柚子の花咲く』葉室麟 感想
柚子の花咲く柚子の花咲く
(2010/06/04)
葉室 麟

商品詳細を見る

葉室麟さんの歴史小説風ミステリー。
時代こそ江戸時代ではあるものの、ストーリーは
普通のミステリーなので歴史を知らなくても無問題。

青葉堂村塾の教授・梶与五郎が殺された理由を
探るため主人公は隣の藩へ潜入することに。
事件を追ううちに容疑者やが次々と始末されていき
最後に残ったのは…という王道展開が楽しめます。

ただ、色んな意味で分かり安過ぎるのが難点か。
これはもう完全に好みの問題ですが、
歴史小説としては現代風過ぎるような気が。
側妻の話とかは江戸時代っぽいんですけど
そこにある恋愛感情は現代人っぽかったですし。
あくまで個人の話であって、どうにもならない
歴史の流れのようなものは感じられなかったです。
やっぱ歴史小説は現代とは隔絶したものが欲しい。

とはいえ、アクションあり推理ありの
エンタメとして一気に読んでしまったのも確か。
起承転結のキッチリした小説らしい小説ですし、
葉室さんが直木賞というのには納得なんですよね。
なんとなく宮部さんに近い雰囲気を感じる。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック