fc2ブログ
2023/03/12

ブルーアーカイブ最終編をクリアしてあれこれ

またしばらくサボってしまいましたが、
ブルアカ最終編をクリアしたのでその感想を書きます。
あ、ネタバレあるので注意してくださいね。

このブルアカというゲーム、自分はローンチ時から
プレイしているのですが、最初の頃は色々アレでしたね。
アプリは重くてしょっちゅう落ちるし
ガチャは天井が高くて星3はなかなか手に入らなかったし、
キャラの数はそれなりにいても絆ストーリーはあっさりめで
ほとんどのキャラがいるだけという状態でした。

自分が真面目にプレイし始めたのはパヴァーヌ1章辺りから。
これは自分がモモイ好きというのが大きく、
パヴァーヌ1章は良いシナリオではあるものの地味なので
周りでもあまり話題になっていなかったのを覚えてます。
それが今ではトレンド入りの常連となったわけですが、
バニーで一瞬話題になってエデン3章辺りで更に話題になって
ストーリーも進行しやすくなって一気に新参が増えた感じですね。
まあこの辺りはシナリオの出来、演出ともにソシャゲでは
稀有なレベルですし、やはり良いものは話題になるんだなと。

個人的にブルアカのシナリオって若干好みではないのですが、
逆にそのマイナス分があってもこれだけ楽しめるというのは
このゲームが持つ底知れないポテンシャルを表しています。
シナリオの好き嫌いを語ると長くなる…特にエデン4章は
個人的にはめちゃくちゃ不満があるのですがまあそこは省略して、
最終編で一番感心した場面について語りますね。

それは…先生ではなくテラコを脱出させるシーン。
あそこについてはシナリオと演出が見事に合わさっていて、
ゲームの感動演出の新たな可能性を感じさせてくれました。
あんな状態になっても生徒を第一に考えてるプレ先、
そのプレ先が信頼して自分の生徒を託した先生(自分)、
そしてそんな二人の先生の生き方を一番近くで見ていた
プレイヤーがテラコを転送させる、という流れには脱帽です。
そうだよ、先生ならテラコを救わないはずがないんだよと
自然に思える展開になっていたのは本当に素晴らしい。
テラコを脱出させた後に感動で20秒ほど天を仰いでましたよ。

こういう演出ができるというのは、シナリオだけでなく、
企画運営やシステム開発がしっかりとこの未来を見て
ブルアカというコンテンツを育ててきたということ。
長期運営型アプリでこれができているところは少なく、
だからこそブルアカ開発陣の志の高さに感動すら覚えました。
この部分に限らずブルアカ運営ってプレイヤーを
ゲーム内に没入させて盛り上げようという意志が強く見えて、
ソシャゲというジャンルに真剣に取り組んでるんですよね。
リアイベを否定するわけではありませんが、アプリ内や
ネット上の企画でワクワクさせてくれるのは好感が持てます。

さて、ここまでの運営方針は絶賛したいブルアカですが、
その今後については若干不安点もあったりします。
カルバノグ2章が来る前に株を落とした不知火カヤの存在や、
次の決戦が来たときにまた同じメンバーが出撃すると
流石に文句が出そうなのはどうするの問題とか。
ただ、これまでの出来を見るとだいたいは良い方向に
裏切ってくれているので、今後が楽しみな作品のは確か。
特に最推しであるミヤコが活躍するはずのカルバノグは
エデン超えのクオリティを期待してるので頼むぞブルアカくん!