fc2ブログ
2022/08/15

機動戦士ガンダムTV版 感想

お盆休みだったので30年ぶりぐらいに
TV版のファーストガンダムを見てみました。
劇場版は昔から何度もTVで放送されていたのですが、
TV版が再放送されたことはほとんどなかったと思うので、
だいたい30年ぶりぐらいかなとしか分からないレベルですね。
作画崩壊場面はTLでよく流れてきたりするのですが、
その印象ばかりなのもアレなので改めて見てみようかなと。

当たり前ですが基本的な流れは劇場版と同じ。
そしてこれも当たり前ですが、尺はTV版が長いですね。
その影響が特に出ていると思ったのは、
カイの性格の変化とシャアの情けなさでした。

カイといえばもともと皮肉屋なイメージですが、
TV版だと素直になるのはミハル死亡辺りからなので、
皮肉を言ってるシーンがかなり長い印象を受けましたね。
MSに乗って活躍し始めるまでも長いですし、
今放送してたらウザキャラとして叩かれていただろうなぁ。

シャアに関しては尺が長いせいで失敗も多い気がしますね。
思ってた以上に部下が死にまくっているので、
こやつもしかしてかなりの死神なのでは?という想いが…。
クワトロ時代や逆シャア時代と比べると
ファースト時代は有能だった印象だったのですが
別にそういうわけでもなく、強い場面もなくはないですが
アムロにとってはそこそこレベルの強敵という感じでしょうか。

というか改めて見るとやっぱアムロ強過ぎですね。
ランバラルや三連星も結構あっさり始末していきますし、
NTに覚醒してからはシャアですら相手にならない。
シャアとは逆に自分で殺す方の死神ですわこれ。

あとTV版といえばやはりガンタンクとGアーマー。
劇場版ばかり見ていたせいで記憶から消えてましたが、
ガンタンクが普通に宇宙で戦ってるのは何度見ても面白い。
ハヤトはよくこれで頑張ったよ、凄いよ。
Gアーマーの合体バンクも結構使われてたりして、
これはこれで子供だったらワクワクしたのではないでしょうか。


そんな感じで、久々に見ると非常に楽しめる作品でした。
ネットで見る作画崩壊場面のオリジナルは確認できましたし、
ククルスドアンのオリジナル版も確認できてスッキリ。
もちろんネタ抜きにしても、ガンダムらしい憂鬱な人間関係の
源流が感じ取れたりと、今見ても色褪せない内容です。
多分ジジイになってから見ても楽しめるのかもしれませんね。