fc2ブログ
2022/05/23

仮面ライダーオーズ 感想

アマプラで無料だったので久々に見てみました。
最後まで一気に見るとリアルタイムで見ていたときとは
また違った印象を受ける部分もあって新鮮でしたね。
ちなみに復活のコアメダルは未見です。

まず気になったのは意外と盛り上がりに欠けていること。
エグゼイドは進行度によってボスキャラが変わりましたし、
ビルドは東都、北都、西都と進んでいきましたけど、
オーズの場合はハッキリと話が切れるところがない。

途中で真木博士の登場と裏切り、伊達バース投入と
後藤バースへの引き継ぎなどはあったものの、
基本的にグリードとのメダルの奪い合いが
最後までダラダラと続いてしまったように見えました。
リアルタイムだとメダルの行方が気になったのですが、
一気に見ると結構物足りなさを感じたのが逆に新鮮でした。
話としては26話ぐらいにまとめても良かったような?

あとは作中で一番の大物が鴻上会長というのが
改めて目立って感じられたのもマイナスかなと。
映司の対の存在としての真木博士というのは良しとして、
他にもう一人、敵に大物が欲しかったですね。
真木博士の虚無感もグリード4人組の性格も好きですが、
倒してスッキリする存在だったかというと微妙なところ。
カザリは完全体になったと思ったら速攻でメダル割られるし、
ウヴァは終始情けなかったですからね。

とまあそんな感じで気になった点は上げてみたものの、
キャラについてはやっぱめっちゃ好きですね。
映司の一見明るいのに内面ぶっ壊れてるところとか
アンクのめんどくささ、真木博士の狂いっぷりに
グリードたちの小物っぷりなど、マジで全員好き。
伊達後藤師弟も面白いですし、里中さんは終始イカしてる。

ストーリーにもう少し起伏があればとは言いましたが、
映司とアンクの出会いから最後までは纏まってましたし、
自分が「復活のコアメダル」にあまり興味ないのも
本編だけで満足したからというのが大きいです。
10年ぶりの再試聴でしたが、見て良かったと思います。