FC2ブログ
2020/12/20

猫の話

2020年12月17日、うちの猫が亡くなりました。
死因は猫ではよくある腎不全。
赤ちゃんの時にうちに来てから14年と5か月。
本当にたくさんの癒しを与えてくれました。
思い出が薄れないうちに、印象的だったことを書きます。

まずは生まれて4ヶ月後に初めてうちから脱走したこと。
もう帰ってこないかと諦めかけたものの、
半日するとケロリとした顔で窓から入ってきました。
そしてそれ以降、日常的に脱走と帰宅を繰り返すことに。
それでも絶対に迷子にはならない偉いやつでした。

でも一度喧嘩に負けて顔とお腹にケガしたこともあったなぁ。
そのときは帰って来るなり天袋に引き篭もって、
治療してやろうとしても威嚇しまくってましたね。
数時間たったら警戒も解けて出てきましたけど。

ビニール袋が大好きでよく顔を突っ込んでいたのですが、
持ち手の部分に顔が引っかかったこともありました。
そのままのたうち回って壁に激突しまくったため、
それ以降、うちでは持ち手のある袋はすぐしまうことに。

基本的にトイレはしっかりしている猫でしたけど、
それとは別に新聞紙の上でおしっこするのが大好きでしたね。
新聞紙をしまっていればトイレでしてくれましたけど。
新聞紙の感触が好きだったのかな。

家族に対してはベタベタ甘えてきましたけど、
他人に対しては本当に臆病でしたね。
獣医の先生には散々噛み付いてご苦労おかけしました。
うちに親戚が来た時も押し入れの奥に避難してたなぁ。

偏食でちゅーるは大嫌いでしたね。
そのせいで末期の餌やりには苦労させられました。
代わりにリンゴやニンジンは大好きで、
冷蔵庫を開けただけでトコトコ近寄ってきましたね。

10歳を超えた頃から本当によく喋るようになった。
家族の顔を見たらにゃーにゃ―話しかけますし、
家族同士で会話してても会話に入ってくるようになりました。
いつか日本語を話すようになるかもと期待してたんですよ。

部屋を暗くすると野性が目覚めるのか、
いつも私の足に噛み付いてたのもいい思い出。
長ズボンだからケガしなかったけど、
あの軽い痛みももう二度と味わえないんだなぁ。

最後の方は1.5㎏まで体重が減りましたけど、
それでも自力でトイレに行ってたのは感心した。
流石にラスト数日は寝たきりでしたけど、
自分もなるべく寝たきりにならずに死にたいものです。

死ぬ数日前から何度か激しく痙攣しましたけど、
その度に身体を撫でて名前を読んだら生き返りました。
猫からすれば早く死にたかったかも…とも思いますが、
そこは呼びかけに答えてくれたんだと思いたいです。

亡くなったのはちょうど自分の仕事が終わった直後。
帰宅途中で家族から連絡がありましたけど、
もう少しだけ頑張ってくれれば死に目に会えたのにな…。
でもここまで十分頑張ってくれたので良しとしないとね。
仕事中に連絡があったら仕事どころじゃなかったですし、
木曜に死んで、金曜にいっぱいお別れして、
土曜に火葬できたのでちょうど良かったかなと。
最後まで飼い主孝行な子でした。

自分は泣きゲーで泣けない人間だったんですけど、
猫が余命宣告されてからは何度も泣いちゃいましたね。
こんなに二次元よりもリアル寄りの人間だったんだと驚き。
もちろん、死んだときには涙と鼻水がドバドバ出ました。
あと、自分が意外と介護できる人間だったのも驚きでしたね。
汚物処理は確かに汚いとは思うんですけど、
猫のためと思えば意外と抵抗なくできるもんでした。


とりとめのない内容になってしまいましたが、こんな感じです。
決して軽い気持ちで飼い始めたわけではないのですが、
いざ終わってみると事前には想像できなかったぐらい、
自分の人生に影響を与えてくれました。
今はただただ感謝しかありません。

みんな、猫はいいぞ。