FC2ブログ
2020/07/28

『遙かなる円形世界』体験版 感想

公式はこちら

鬼虫兵庫さんの新作である
『遙かなる円形世界』を体験してみました。

この方の前作である『シロナガス島への帰還』が
非常に面白い作品だったのはブログにも書きましたが、
その後も口コミでジワジワ売れて1万本を超えた模様。
いやー、やっぱ面白い作品は売れるもんですね。

そんなシロナガス島の続編である本作ですが、
短い体験版ながらもこれまた非常に面白かったです。
主人公は前作に引き続き胡散臭い探偵・池田なのですが、
前作で相棒だったねね子の姿がないというのがまず面白い。
この時点で前作プレイヤーは先が気になっちゃいます。

代わりに登場するのがワイルドな助手。
このキャラも個性が強くてなかなか面白いのですが、
その新鮮さが薄れないうちに謎のアルビノ少年や
未来と繋がっているPC、更に依頼人の死体が現れるなど
次から次へとイベントが発生してめっちゃ楽しいです。
このミステリーとSFとホラーが混じった雰囲気は
前作でも凄く気に入った部分なのでとても嬉しい。

そして最後にねね子が登場して次回が続くというお約束。
いや来るだろうと思ってましたけど、
電話越しとはいえ実際に登場されると嬉しいもんです。

正直、現時点でもめちゃくちゃ期待度は高めですが、
その期待を更に上回ってくれそうで今からドキワクですよ。