FC2ブログ
2019/10/29

『スレイヤーズ17 遥かなる帰路』神坂一  感想

スレイヤーズ17 遥かなる帰路 (ファンタジア文庫)
神坂 一
KADOKAWA (2019-10-19)
売り上げランキング: 103

めっちゃ久々のスレイヤーズの新作…
と思いましたけど、そういや去年出ていましたね。
第3部開始の前触れかとは思っていましたけど、
本当に新章が開始されるとなかなかに感慨深いです。
なんかもうホント90年代に戻った気分。

さて、今作は第3部の1巻目ということもあってか、
冒頭こそ急展開があったものの、
それ以降は新たない舞台に解説に終始した印象です。

新章といっても魔族側の戦力はだいぶ削られたのでは?
と思っていたのですが、この流れだと今度の敵は神側か?
将軍クラスの魔族ですらリナ相手にビビってるのは
笑いましたけど、確かに今更将軍級を敵にしても
それほど強敵!という印象がないことも確かですね。

そこで今作で敵となる竜族が出てくるわけですが、
魔族とはまた違った戦い方で新鮮ですね。
とはいえスレイヤーズ世界の竜族というと
どうしても魔族よりも格下という印象が強いですし、
1巻目ということもあって小手調べという感じ。
実際、それほど苦戦した印象はないですし…というか、
接近戦出来る相手だとガウリィが強過ぎる。
人間相手だとサクサク昏倒させますし、
竜族相手でも近付いてしまえば一刀両断で即死。
あらためてめっちゃくちゃつえーですねこいつ。

バトル以外ではひたすら情報収集してましたね。
結界外の世界なので文字や地理が違うのは面白いですが、
リナの頭の良さもあって適応するのも早そうです。
新キャラ・ランが人懐っこくて戦闘力も高い
便利キャラということもあって話もテンポがいい。

前作16巻は単発だったので別として、
本格的なシリーズとなると楽しめるか不安でしたが、
アラフォーになってもまだ楽しめたということは
それだけスレイヤーズが凄いということか、
自分の精神年齢が成長していないということか…。
ひとまずは両方ということにしておきましょう。