FC2ブログ
2019/10/27

『大友落月記』赤神諒 感想

大友落月記
大友落月記
posted with amazlet at 19.10.27
赤神 諒
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 316,098

戦国時代初期の大友家の内紛、姓氏対立事件の物語。
この事件を扱った作品は初めて読みました。

話のストーリー自体はなかなか凝っていて、
大友義鑑が死に大友宗麟体制が確立される過程で
とばっちりを受けて滅ぼされた小原鑑元…
という形で、姓氏対立事件を描いています。

宗麟側近である田原紹忍が実力者である小原鑑元と組み
田原親宏を討伐しようとするものの、
親宏の奇策によって逆に紹忍が追い落とされ、
小原鑑元が単独で挙兵させられるという流れは
なかなか緊迫感のある陰謀劇でしたし、
敗北した小原鑑元にしても主君である宗麟に対しては
弓引けないという理由で敗北を受け入れる形にしたのは
格を落とさないように工夫されていると思います。

ただ、前半は話が動かないので結構退屈でした。
中盤で田原紹忍が失脚する辺りからは
話が走りっぱなしになるので全体的に見ると
半分まったり、半分全速力という感じなのですが、
前半はもう少し目を引くイベントが欲しかったかなと。
主人公である吉弘鎮信の性格が地味なので、
日常シーンがあまり面白くならないのが痛いですね。

あと、大友宗麟の気まぐれさを見てると
二階崩れで宗麟が跡を継いだのが失敗としか思えない。
赤神さんの大友シリーズはまだ続くようですし、
果たして男気を見せてくれる日が来るのでしょうか。
…史実を見てると微妙な気がしますが、
このシリーズ自体は面白いので追って行こうかなと。