2018/01/31

『全能兵器AiCO』感想 鳴海章

全能兵器AiCO
全能兵器AiCO
posted with amazlet at 18.01.31
鳴海 章
講談社
売り上げランキング: 206,032

無人戦闘機を題材にした近未来SF…というよりは
限りなく現在に近いSFという感じでしょうか。

ディープラーニングを応用して自己進化するAIや、
技術力のある民間企業だけで作ったステルス戦闘機など、
作中で使われている技術は夢物語というよりは
すぐそこにある手の届くものという印象が強いです。
格差社会が生み出したアジアの富裕層がお金を出し合って
中国に対抗する兵器を作らせるという発想も実に現代的。

航空自衛隊の教導隊に所属するエースパイロットと、
教導隊のデータを持つAIの対決というシチュは熱い。
機体の限界機動を行い続ける無人機に圧倒されつつも
定石外しの行動で隙を作って勝つ展開も王道です。
そう簡単に撃てないからこそ世界一の技術を目指す
航空自衛隊というのは誇るべきものですが、
自衛隊という存在の歪さを感じる部分でもありました。

ただ、作品の最後でも匂わせていたように
AIはいくら落とされてもバックアップがあって、
しかも経験値は継続できるという利点があるので
人間が負けるのも時間の問題ではあるんでしょうね…。
無人機動兵器と言われると僕らの世代では
どうしてもガンダムWを思い出してしまうのですが、
ああいう血を流さない戦争の時代はすぐそこなのかも。
恐怖…というほどのものではないのですが、
どこかひんやりとした感触のある小説でした。