FC2ブログ
2017/09/28

『ハンニバル戦争』佐藤賢一  感想

ハンニバル戦争
ハンニバル戦争
posted with amazlet at 17.09.27
佐藤 賢一
中央公論新社
売り上げランキング: 299,324

名将ハンニバルが大活躍した第二次ポエニ戦争の物語。

ハンニバル戦争というタイトルですが、
本作の主人公はハンニバルのライバルであるスキピオ。
前半はまさにハンニバル無双といった感じで、
ローマは戦うたびに負けているという状況なので、
主人公であるスキピオも禿げ上がるほど追い詰められます。
親戚も次々と戦死して暗くなりそうな状況なのに
どこかコミカルで読みやすいのは佐藤さんの作風ゆえか。

後半はスキピオがその知識と才能を開花させるわけですが、
そこまでローマを持ちこたえさせたのがファビウス。
戦術面では無敵だったハンニバルを
戦略で押さえ込んだのがファビウスなわけですが、
こういう戦術を戦略で封じ込める展開は熱いです。
逆に戦略を戦術で突破する展開も好きですけど。
自分はファビウスについてはまったく知らなかったので
この人物のことを知れたのは大きな収穫でしたね。

しかしハンニバルの強さは凄まじい。
相手より少ない軍で包囲殲滅戦を行うとか、
当時の人間からすれば魔法としか思えなかったのでは。
作中でスキピオがハンニバル以前の戦術を学ぶより
ハンニバル自身の戦術を学ぶ方向へと舵を切りますが、
それだけ画期的な戦術家だったというのにも納得できます。

ハンニバルがすぐにローマを滅ぼさなかったことや
ザマの戦いでの敗北の原因がハンニバルの感情としたのは
賛否が分かれるところかもしれませんが、
こういう感情的な人間描写は佐藤さんらしさでもあります。
個人的には感情に振り回される人間は嫌いじゃない。
感情豊かなスキピオと冷徹なハンニバルの対比かと思いきや、
終盤でハンニバルの感情が明かされる流れはお見事でした。
スキピオもハンニバルも晩年は不遇でしたけど
彼らが残した戦いの軌跡は今なお輝き続けていることを
改めて教えてくれる作品でした。