手を出したものの感想を書き溜める場所
『お家に帰るまでがましまろです』体験版 感想
公式はこちら。
ま~まれぇど新作第11弾『お家に帰るまでがましまろです』
萌えゲーメーカーま~まれぇどの新作である
『お家に帰るまでがましまろです』を体験してみました。

内容としてはエロゲー定番ジャンルの一つである
洋菓子店を舞台にしたものになりますね。
これ系の話だと喫茶店の次に洋菓子店が多いような?
可愛いヒロインに似合う舞台だと言われると納得ですが。

行き倒れていた有能主人公が拾われて
居候先で活躍していくというのも定番の展開ですね。
エロゲーでも似た導入部の作品は色々ありますが、
漫画だと最近完結した「ハヤテのごとく」が思い浮かびます。

お話的には赤字経営な洋菓子店を再建するために
主人公を中心に色々な手段を模索していくわけですが、
基本的にそれほど意外性のある展開があるわけでもなく、
お店の知名度を上げて客を増やすという手堅い流れなので
読んでいてちょっと退屈に感じる部分も多かったですね。

主人公はよく動いているものの、小賢しく感じる場面も多く、
有能に見せようとして空回りしているように感じました。
ヒロインの好みでは汐がワントップかなぁ。
お姉さんぶっているロリっ娘で黒髪ロングとかポイント高い。
ロリ授乳手コキをぶち込んできたのは拍手を送りたいです。

とまあ、だいたいそんな感じだったのですが、
体験版最後の白い粉関連についてはやっちまった感が。
ここまで主人公に頼っていたヒロインたちが
逆に主人公を助けるというのをやりたかったんでしょうけど、
唐突な麻薬捜査は置いてけぼり感が半端ないです。
今後もこういう展開があると思うと安心できないですよ…。


まとめ。
喫茶店物としては定番でちょっと退屈な内容だったものの
汐狙いでワンチャンあるかと思っていたら、
最後の白い粉関連で突き落とされた感じですかね。
まさに謎シリアスという言葉が相応しい謎っぷり。
せめて洋菓子店とかキャラの過去を掘り下げる方向の
シリアスだったらまだ少しは納得できたのですが…。

この流れだと自分で購入することはなさそうですけど、
発売後に謎シリアスがどれぐらいあったかは調べたいですね。

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム