手を出したものの感想を書き溜める場所
『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』第50話 感想
『未来もいい日に』

次々と脱出する鉄華団メンバーですが、
三日月と昭弘のガンダムコンビは殿に残ることに。
最後の最後でガンダムの名前を名乗りあげるの、いいなぁ。

たった2機といえどこちらはガンダム。
ギャラルの雑兵では歯が立たず撃破され続けるものの、
そこへ例によってダインスレイヴが炸裂します。
序盤はMSの数が勝負を決める感じだったのに
ここ最近はダインスレイヴの数で決まる感じですね…。

バルバトスとグシオンは大破したものの戦闘は続行。
瀕死の昭弘ですが眼前にイオク様が現れたことで奮起し、
最後の根性をひねり出してイオク様を討ち取りました。
イオク様の悪運も昭弘の執念には及ばなかったか。南無。

三日月とバルバトスも雑兵相手に猛威を振るうものの、
最後は同時に力尽きる形でジュリエッタに討たれました。
三日月の独白は切なかったですね。
何も持ってなかった彼が最後に数々の絆を自覚したのは
僅かでも救いになってくれたと思いたい。

そしてエピローグ。
マクギリスと鉄華団は討たれたものの、
火星は独立性を強め世界は少しずつよい方向へ。
ラスタルとクーデリアはヒューマンデブリの救済に合意。
ガエリオとジュリエッタが仲良さそうなのは微笑ましい。
鉄華団組の大部分は幸せな道を歩み始めた一方で、
ライドのように暗殺者として堕ちる者もいて…。

最後は三日月とアトラの子供、アカツキが出て物語は終了。
でもアカツキよりもアトラちゃんの成長に驚きだよ。

そまあそんな感じで終わってしまった鉄血。
色々言われそうな終わり方ですが結末は嫌いじゃないです。
ただ、そこに至る経緯で雑な部分があったのも確かで、
こういうオチにするならマッキーに対するガエリオ、
三日月に対するジュリエッタの描写をもっと増やせば
すっきりしたと思いますし、ダインスレイヴ無双や
オルガの最期についてももっと凝って欲しかったところ。
話の筋自体は好きなので構成をやり直して欲しいですが…
まあ今回は劇場版もなさそうだし難しいか。
こういう新興組織の隆盛から衰退までの流れって
個人的にはかなり好きなので惜しい。

テーマ:機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ - ジャンル:アニメ・コミック