手を出したものの感想を書き溜める場所
『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』第44話 感想
『魂を手にした男』

ついにギャラホ掌握に動き出したマッキーですが、
ガエリオとラスタルは即座にカウンター演説を行うことで
他のセブンスターズの動きを封じようとします。
息子を殺されかけたガエリオパパは怒り心頭。
他の老人たちもマッキーの味方にはならないようで…。

一方、ラスタルはガエリオ、イオクの心を掴み、
伝説頼りのマッキーとは格が違うところを見せ付けます。
腐敗を一掃する革命を主張するマッキーですが
かつてのアグニカ伝説に頼るマッキーよりも、
ラスタルの方がまだ実力主義に見えるような。
実際、いきなり伝説を持ち出されても
仲間になるのは考えの浅い青年将校ぐらいで
まともな人間だと仲間になってくれないでしょう。

しかしマッキー、アルミリアへの態度だけは真摯に見える。
アルミリアは明らかに雰囲気に流されて堕ちてますけど
あの娘はまだまだ子供だから仕方ないかもしれません。

セブンスターズの老人たちはマッキーへの強力を拒否。
マッキーへもラスタルへも協力しないという
一見汚く思える実に大人らしい対応ですが、
銃を持つ兵士に囲まれてこれを言えるということは
老人たちも見た目以上に肝が据わっていたということか。

静かに鉄華団に寄り添う大人たち。
デクスターさん、真っ先に逃げ出していいのに偉い。
まともな考えを語れる人間がいれば良かったんでしょうけど、
修羅場を潜ってきた子供たちの前ではなかなか難しいか。
メリビットさんもおっさんもいい人ではあるのですが。

ザックの逃げるべきだという考えは実に正しい。
こいつがポストビスケットの位置まで出世していれば
鉄華団ももう少し上手く立ち回ることができたかもですが、
ことここに至ってはどうしようもないですね。
考えるのは全部オルガ任せだからなぁ。

マッキーをぶん殴るオルガ。
改めて考えてみると情が原動力であるオルガにとって
マッキーは最も手を組んではいけない相手なのでは。
とりあえずあと1回だけマッキーに付き合うと言ったものの、
その1回が命取りになりそうな予感がヒシヒシと…。

そして日月とアトラちゃんが今から子作りしそうな
いい雰囲気になったところで次回へ続く。
しかしクーデリアさん、見事に蚊帳の外に置かれたなぁ。
このまま行くと学のないオルガたちと
育ちの悪いマッキーが無理な行動を起こして
大人たちに叱られる話になりそうですが、はてさて。
とはいえここからマッキーと鉄華団が勝ったとしても
スッキリしないでしょうしどうなるんだこれ。

テーマ:機動戦士ガンダム 熱血のオルフェンズ - ジャンル:アニメ・コミック