2017/02/12

『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』第43話 感想

『たどりついた真意』

ついに決起したマクギリス一派。
しかしギャラル本部は掌握したものの各支部は様子見。
更に宇宙ではラスタル艦隊が健在でまだ状況は読めません。
これだと反乱を起こすのは早まったように見えますが
マッキーにはまだ何か秘策があるようで…。

ここでマッキーの過去が判明。
スラム育ちだったのがファリド公に拾われて
慰み者にされつつも伸し上がったという
物語としてはよくある悲惨な環境という感じでした。
もう少し捻って欲しかった感はある。

ギャラル本部地下に封印されたガンダムバエル。
アグニカの魂が入ったこれこそがマッキーの切り札でした。
早速乗り込もうとするマッキーですが、
そこにヴィダールが現れついに彼の正体が明かされます。
ここでガエリオ以外だったら視聴者大爆発でしたけど
そんなことはなく普通にガエリオの素顔が現れました。
ガエリオは顔の傷のせいで渋くなっているものの、
自分としてはもっとメカ化していると思っていました。
いや仮面の目とかめっちゃ光ってましたし。

ガエリオは育ちのよさ故にマッキーに憧れつつ
本気で親友だと思ってたんですね…。
ガエリオとしては自分を殺したことへの復讐ではなく、
愛情や友情よりも権力を優先するマッキーの生き方を
否定するために戦うという結論に達した様子。
なんだろうこの主人公っぽさ。熱いぞガエリオ。

マッキーとの一騎打ちを望んでいるガエリオですが、
そこに三日月とバルバトスが登場しガエリオと激突。
初手こそ三日月に譲ったガエリオですが、
ついにガンダムヴィダールに秘められた力を解放します。
それは大方の予想通りアインの阿頼耶識システムでした。
アインの脳を解することでガンダムヴィダールは
全開モードの阿頼耶識と同等の能力を使えるらしい。
その言葉に偽りなく、ガンダムヴィダールは
バルバトスに対しても押し気味に戦闘を進めます。

しかしガエリオのことを語るヤマジンさんの顔。
彼女はガンダムヴィダールの謎を知っているようですが、
阿頼耶識のヤバさを知っているのにとても嬉しそうです。
ここの表情だけでヤマジンさんの株が爆上げですよ。

ガエリオの力はマッキーにとっても予想外でしたが、
マッキーもバエルを起動し状況は2対1に。
不利を悟ったガエリオはかつて三日月を
侮辱したことを謝罪し一旦この場から撤退します。
今回のガエリオ、徹底してかっこいいぞ。

バエルを起動したマッキーはギャラルの正当支配者として
自らの力を主張するものの、ラスタル陣営はカウンターとして
ガエリオがマッキーのことを糾弾したところで次回へ続く。

今回でマッキーの計画が明らかになったわけですが、
果たしてバエルの存在だけでギャラルを支配できるのか。
ラスタルの読みどおり失敗というかむしろ敵を増やしそうな?
しかもバエルの中にアグニカがいるというのが怪しい。
なんだかラスボスがアグニカになりそうな気もしてきましたよ。