手を出したものの感想を書き溜める場所
『鬼手 小早川秀秋伝』大塚卓嗣 感想
鬼手 小早川秀秋伝
鬼手 小早川秀秋伝
posted with amazlet at 17.02.23
大塚 卓嗣
光文社
売り上げランキング: 510,057

小早川秀秋と日本史では裏切り者の代表みたいな扱いですが、
この本ではそんな小早川秀秋を主人公にしています。

基本的に無能として描かれることの多い秀秋ですが、
今回は主人公だけあってなかなか有能な動きを見せます。
小さい頃は才気を感じさせながらも秀吉が乱心すると
小早川家に非難して粛清回避のために無能を装う。
三成が挙兵すると即座に東軍に連絡を取りつつ
西軍の中核戦力としてできるだけダラダラ行動し、
東軍の岐阜進出を助け、更に京極家を仲間に引き込むなど
裏切り以外でも東軍の勝利に大きく貢献しています。

流石に主人公補正は大きいものの、関ヶ原の合戦前哨戦での
小早川の不可解な動きを見るとある程度説得力はありますね。
伏見での鳥居元忠との会談は面白かったですね。
数の力を信じる秀秋に対して決死の精鋭を信じる元忠。
どちらが正しいかはともかくとしてこの会談が
後の秀秋に大きな影響を与えたことは確かです。

肝心の関ヶ原本戦はというと、この本ではまず秀秋が
松尾山を奪った時点で宣戦布告をしたという解釈。
つまりまず小早川勢から手切れ宣言したわけで、
西軍が松尾山を攻めているうちに家康が到着してから
一気に西軍を攻め潰すという作戦だったわけで
これなら例の裏切り問題は発生しないはずだったのですが、
ここで三成が取った作戦がまさに鬼手でした。

それは松尾山を西軍の陣として取り込み
小早川勢が西軍だと大きく宣伝するということ。
これによって小早川勢が西軍をに味方しない場合は
裏切り者として世間の評判はがた落ちになり、
今後の政権での出世の芽も潰すという恐ろしい一手です。
そして西軍は敗れたもののこの策は見事に当たって
小早川秀秋の名前は地に落ちることに…。

とはいえ秀秋が生きていれば挽回できたんでしょうけど、
それからすぐに死んでしまうから救われない。
しかも毒殺で黒幕は最初から出ていたあの男という
ミステリー的などんでん返しも備えているのですが、
これについては若干強引過ぎた感じも。

しかし関ヶ原中の秀秋の行動を東軍のためと仮定して
再構成しているのは面白かったですし、
何より秀秋主人公という目新しさが良かったです。
今後も新鮮な楽しさを生み出し続けて欲しいですね。

テーマ:時代小説 - ジャンル:小説・文学