2016/12/31

『あきゆめくくる』 感想

公式はこちら

SFゲームを作り続けるすみっこソフトの新作、
『あきゆめくくる』をクリアしてみました。

同じ1日がループし続ける地方都市に隔離された異能者たちが
ループを解くためにラブコメを演じるというこのゲーム。
体験版をプレイした際にはその設定の濃さに
期待が半分、不安が半分という感じだったのですが、
終わってみると見事に期待に応えてくれる出来でした。

このゲームを構成する主な要素としては
シモネタ、SF、ラブコメという感じでしょうか。
キャラが変人ばかりなせいで日常シーンはテンション高め。
シモネタ満載な会話は好き嫌いが分かれそうですけど、
いちいち言い回しが面白くてニヤニヤしながら楽しめました。
これだけシモネタぶっこんで来るヒロインたちは久々かも。

日常シーンも面白かったんですけど
ちょこちょこ挟んでくるSFネタもいいアクセントでしたね。
オタクならよく聞くSFワードを開始地点にしつつ、
そこからもう一段階掘り下げる感じなのでとっつき易いです。
読んだ後になんとなく分かったような分からないような、
曖昧な気持ちになるところは実に量子力学的ですね。

プレイ中はシモネタSFという印象なのですが、
終わってみるとラブコメSFだったと思える構成はお見事。
ヒロインたちはあれだけシモネタを乱発しながらも
しっかりとそれぞれの可愛さを発揮できていましたし、
話の中心になっていたのも間違いなく「恋愛」でした。
何気に初体験後に他のヒロインに見つかる場面が多いのもグッド。
4人のヒロインを攻略した後に出てくる
グランドフィナーレも綺麗に纏まっていましたし、
SFラブコメの真髄を堪能させてくれるゲームだったと思います。

あと、開幕で見事なぶっ飛びっぷりを見せてくれた妹様や
意味深な言動を見せていたサトリの使い方も良かったですね。
ある意味、ヒロインよりも大事な立ち位置でしょう。
プレイ前には彼女らのルートにも期待していた自分ですが、
本編での活躍は十分に満足できるものでした。
好きなキャラは妹様、キス、サトリですかねー。
決しておっぱいで選んだわけではない。


まとめ。
日常会話は面白くてヒロインたちは可愛い。
SF設定は手堅く回収つつ最後はラブコメとして着地。
SFエロゲーといえばシナリオを重視する作品が多いですが、
この作品はしっかり恋愛しているのがポイント高いです。
ラストはラブコメとSF、それぞれのカタルシスが
上手く混ざり合って爽快な読後感が味わえる良作でした。
シモネタ、SF、ラブコメが好きな人にはオススメな作品です。

以下ネタバレありでキャラ感想。

続きを読む