2016/10/23

『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』第29話 感想

『出世の引き金』

アリアンロッド艦隊の乱入によって三つ巴になった戦場。
レギンレイズは新型だけあってなかなかの性能の様子。
グレイズとは違うのだよ、グレイズとは!
イオク様の射撃が当たらないのは単純にヘタなのか
それともプログラム頼りで三日月に読まれているのか。

石動の援護によってなんとか敵ボスを捕獲した三日月。
これコクピットが頭じゃなかったら殺してますよね?
ボスを落としたことによって戦闘は鉄華団の逆転勝利に。
サンドバルが前線に出てくれなかったら危なかったなぁ。

テイワズ内での地位を上げつつつある鉄華団ですが、
それを妬む人物も増えているようで、今後には不安が。
名瀬が上手く立ち回っているうちは大丈夫でしょうけど、
政治面でもじわじわと不穏な雰囲気が流れています。

アリウムさんが始末されたのは自業自得。
最後まで悪足掻きする小者っぷりは実に素敵でした。
しかしいかにもヤクザ的な決着の付け方は
いつか鉄華団にツケが回ってきそうで不安でもあります。

テイワズから任された採掘場からガンダムフレームが。
これはまずまず鉄華団の戦力が強化されてしまうのか。
一方、オルガはマクギリスと会談し、
お互いの野心のために協力することに同意します。
これはお互い信用してはいないでしょうけど、
ひとまずは利用しあうって感じですかね。
いずれ敵対するのだとは思いますが…。

とりあえず鉄華団の当面の立ち位置がはっきりした回でした。
少なくとも前半はこのままの関係で進みそう。
大きな変化が現れるのは1クール目終盤かなー。
果たして鉄仮面はいつ本格参戦するのか、楽しみです。