2016/10/02

『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』第26話 感想

『新しい血』

ヤクザガンダム、二期開始です。
クーデリアの護衛任務を成功したことで名を上げた鉄華団。
テイワズ内での地位が上がり待遇も良くなった鉄華団ですが、
その一方で世界の治安は悪化の一途をたどっている模様。
鉄華団が力を示したことで少年兵の有力さが証明され
更に少年兵が増えるという状況は皮肉過ぎますね。
でもこういうグチャッとした世界観はとても好みです。

新入りが増えて大きくなった鉄華団。
新入りたちのノリが妙に軽いのに対して
1期メンバーの成長っぷりが光っています。
ユージンがしっかりリーダーやってるのが微笑ましい。
最初はビスケットより先にこいつが死ぬと思ってたんだよなぁ。

オルガもすっかり社長が板についていますし、
クーデリアも落ち着いた名士という印象になっています。
双子は成長して普通に萌えられるレベル。
そしてアトラちゃんは身長スタイルは置いておいて
髪の毛が更にフワフワになってるような…いや可愛いですけど。

ギャラルホルン内部での権力闘争も激化の流れか。
ギャラルの弱体化まではマクギリスの計画通りですが、
ここから更なる権力を得られるかはマクギリスの能力次第。
ライバルになるラスタルは脳筋っぽい外見に反して
なかなか鋭そうですしそう簡単にはいかなそうですが…。
しかしマクギリスの「もう友人はいない」では
ちょっとホロリとしましたね…ガエリオーーー!!

視察先で海賊に襲われるクーデリア。
クーデリアを守るために奮戦する鉄華団ですが、
MSの数で劣ることもあって徐々に劣勢に。
シノも頑張ってるけどやっぱガンダムがいないと難しいか。
そこへヒーロー顔負けのタイミングで登場するバルバトス。
オルフェンズは泥臭い戦いがあるかと思えば
王道燃え展開もあったりするところが侮れません。

そして1期と同じくここでOPか。
SPYAIR、AGEの頃から好きなのでこのチョイスは嬉しい。
そしてOPに謎の仮面の姿が!
これはもうガエリオに期待するしかないでしょ。
マクギリスとの関係を思うと今から期待が止まりませんぜ。
あと予告のアトラちゃん可愛過ぎるでしょ。

いやはや、2期の1話としては素晴らしかったですね。
1期から見てた人に対してのサービス全開って感じです。
これで期待するなというのが無理というもの。
2期もしっかり鉄と血のにおいを楽しませていただきたいです。