2016/10/01

『星宿る虫』嶺里俊介 感想

星宿る虫
星宿る虫
posted with amazlet at 16.10.04
嶺里 俊介
光文社
売り上げランキング: 446,492

とある宗教団体の本部が焼失。
当初はカルトの暴走かと思われたこの事件ですが、
原因を追って行くうちに未知の寄生虫によるものだと判明。
しかし調査を続けるうちにも感染は広がり続け、
事態は人類存亡をかけた戦いへと発展して行くことに…。

という感じで、基本的な流れはパンデミック小説ですね。
物語は昆虫学者である女性とごく普通の男子大学生の
2つの視点で進むのですが、大学生サイドは微妙でした。
一般犠牲者側の視点として配置したのは分かるのですが、
妹の事件や幼馴染との恋愛事情の描写のせいで
物語としてはテンポが悪くなってしまったような?
大人として淡々と対応していく昆虫学者サイドと対照的に
ドラマチックな展開にしようとしたんでしょうけど、
全体的にわざとらしさを感じてしまいました。
昆虫学者の過去も変に味付けした感がありますし、
無理に衝撃的展開を混ぜない方が良かったかもしれません。

あと、虫の行動を停止するためには
近親相姦するしかないというオチは新鮮だったんですけど、
そのヤバさも変に強調し過ぎなように感じました。
もちろんヤバいのは確かなんですけど
近親相姦するぐらいなら滅んだ方がマシという主張を
強調し過ぎたせいで反発心がムクムクと。
個人的には、今の倫理が崩壊してしまったとしても
それでも人類は新たな倫理を作って生きていくみたいな、
地獄で足掻き続けるような終わり方の方が好きですね。

そんな感じで、話の基本的な筋は面白かったんですけど、
見せ方の部分で引っかかるところが多い作品でした。
こういう作品は単純につまらない作品よりも
スッキリしないものが残るので妙に疲れますね。