2016/10/30

『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』第30話 感想

『アーブラウ防衛軍発足式典』

鉄華団地球支部。
チャドは頑張ってるけどまだ頼りないなぁ。
タカキも頑張ってるけど不穏な空気が半端ない。
ラディーチェはいい人かと思ってたけどダメっぽいです。

火星は比較的落ち着いていますけどオルガは痩せたらしい。
オルガがどんどんサラリーマンっぽくなってる…。
ラスタルの方は何やら暗躍しているようで、
ヒゲのおじ様なる人物を動かす模様。
それに不満なジュリエッタは鉄仮面に八つ当たりしますが、
鉄仮面はそれを軽く受け流す大人の対応を見せます。
鉄仮面…正体は不明だけどすっかり落ち着いちゃってまあ。

式典で爆弾テロが発生し蒔苗、チャドは意識不明に。
テロを手引きしたラディーチェはこれを期に組織を私物化。
火星との通信を握り潰し事態を混乱させることに。
ラディーチェと密談してたのがヒゲのおじさまかー。
こいつはこいつで一筋ではいかなそうです。

状況に不信なものを感じたオルガは主要メンバーを
地球へ送る手配を始めますが、それでも辿り着くのは先。
地球の指揮を任されているタカキは責任重大ですが、
これはどう考えても酷いことになるフラグですね。
そしてアーブラウ防衛軍の代表として
ヒゲオヤジがタカキと握手したところで次回へ続く。
このヒゲはそれほど悪い人物ではなさそうに見えますが…。

次回はドロドロした戦いになりそうだなぁ。
主力もいないですし鉄華団でも犠牲者が出るか。
三日月が合流するまで胃が痛くなる雰囲気が続きそうですね。