手を出したものの感想を書き溜める場所
『コンクリート・レボルティオ〜超人幻想〜THE LAST SONG』第22話 感想
第22話「巨神たちの時代」

帝都広告によって公開された映画を見る爾朗と笑美さん。
この映画、反超人プロパガンダであるのは確かですが、
事実を反映している部分が多いこともまた確かなようです。
悪の女幹部扱いされている笑美さんは不機嫌そうですが、
爾朗は思い当たる部分が多々あるようで複雑な表情。
笑美さんはますます可愛くなってるなぁ。

クロードが残したヘルメットによって過去を思い出した爾朗。
ここで天弓ナイトを殺した犯人が爾朗だと判明。
まあ犯人といっても不幸な事故のようなものですが、
それでも憧れの超人を殺したショックは大きいでしょう。
更にかつての怪獣暴走事件やクロード事件の発端になったのも
爾朗であったことが判明し、爾朗は激しく思い悩むことに。
ここらへんは主人公としては定番の試練ですね。

そんなときにNUTS暴走事件が発生。
NUTSを止めようと大鉄のレックスやS遊星人が戦うものの、
爾朗は絶賛お悩み中でエクウスも中破してしまいます。
エクウスは主役メカなのに色々と不遇ですね…。
S遊星人のカラータイマー演出は美味しいなぁ。

全部自分が原因なんだーと悩む爾朗に対して
超人とりあえず泣いてる人を助けろと言い放つ風郎太。
ジャガーさんいわく、倒れた子供を助けるのが大人。
まあ、確かにいい年してウジウジしてたらかっこ悪いですし、
強がって泣かないようにするのも大人の仕事である。

立ち直った爾朗はエクウスを合体させてNUTSを一蹴。
物語終盤に来て、ようやくエクウスさんにも見せ場が!
しかしやっぱり飛行メカは柴刑事が操縦するのね。
この人もつくづく付き合いのいい人である。

今回の話で過去関連の謎はだいたい明らかになりましたし、
残ってる大きな謎は帝都広告の真の狙いぐらいですかね。
次回は笑美さん回のようですが、最終回も近いですし
ここで笑美さんの正体がハッキリ描写されるのかしらん。
時代の流れとして妖怪は滅びつつあるような雰囲気ですし、
笑美さんにも微妙に死亡フラグが建ってる気もするのですが、
はてさて、どうなることやら…。

テーマ:アニメ・感想 - ジャンル:アニメ・コミック