手を出したものの感想を書き溜める場所
『お兄ちゃんティーチャー ~秘密の授業を希望します!~』体験版 感想
公式はこちら。
先生、お兄ちゃんを好きになっちゃ駄目ですか? 『お兄ちゃんティーチャー(おにティ)』応援中!
ロリゲーメーカー『Galette』の最新作である
『お兄ちゃんティーチャー』を体験してみました。

今回の主人公はとある田舎の学校の教師。
そして彼が担当する4人の生徒は全員妹という
エロゲーとしてはとてつもなく分かりやすい設定です。
ヒロインの精神年齢は全員低めで胸も小さめ。
こういうところはロリゲーとして非常に正しいと思います。

今回の体験版は物語の序盤を見せる定番の作り。
体験版の範囲では大きなストーリーっぽいものはなく、
ひたすら妹たちとのほのぼのライフが描かれます。
シナリオ構成は1話単位の短い話が次々と進んでいく形。
これだと気楽に短編漫画を読むノリで読めますし、
この作品の軽い雰囲気には合っているかもしれません。
ストーリーラインは存在しないも同然ですが。

ヒロインの好感度は最初から高いですね。
長女三女四女は最初から主人公を意識してますし、
次女にしても兄妹としては普通に懐いています。
ツン要素は最初から死んでる作品です。
キャラ属性は優等生、活発、お馬鹿、クールで
エロゲとしてのバランスはいいのではないでしょうか。

自分としては三女がかなり可愛かったです。
お馬鹿なんですけど主人公にめちゃくちゃ懐いてて
一生懸命くっついてくる姿が実に微笑ましい。
ずっと撫でたり弄ったりしていたくなる。
ただ、三女に限ったことではないですけど
妹要素が強過ぎて生徒要素がほとんど死んでいるような?
全体的に妹に勉強を教えるときの先生ごっこというべきか。
学校要素を出すなら色んな生徒がいる中で
4人の妹も担当する方が妹兼生徒という特殊性が
より発揮されるような気がするのですが。

…とはいえ、妹とほのぼのライフを重視するなら
今のまま妹オンリーで行くのが正解だと思いますけどね。


まとめ。
分かりやすいお手軽妹ロリゲーでした。
やっぱり胸が小さめのゲームは落ち着きます。
シリアスの気配は欠片もないですが、
家でも学校でも妹と楽しく過ごせるのは素晴らしい。
自分も妹たちに囲まれてわちゃわちゃと過ごしたかった…。
三女ちゃんだけでも振ってこないものだろうか。

12月を寂しく過ごすオタクとしては
こういう幸せなゲームで現実逃避するのもいいかなと
ちょっと惹かれていたりします。
シナリオ重視でないシンプルな作りのゲームなので
ミドルプライスだと手を出しやすいんですけどね。

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム