手を出したものの感想を書き溜める場所
『アイドルマスターシンデレラガールズ』第12話 感想
合宿、再び。

映画と同じ場所を使うのは嬉しいですね。
しかし仕事で一時現場を離れることになった武内Pは
後のことを年長組である新田ちゃんに託します。
とはいえ19歳でこのメンバーを纏めるのはきつそうだ…。

初めての全体曲に苦戦するメンバーたちですが、
ちゃんみおはとりあえず根性で乗り切る気満々です。
前向きなのはいいことですが、これはダメフラグな気が。
杏たちCu三人娘も不安を隠せず、みくりーなも消極的。
てゆーかお好み焼きにケチャップはないな。ないない。

みんなの前では明るいきらりにも悩みはあるようで、
年上である新田ちゃんには悩みを打ち明けます。
三角座りしてるきらりがめっちゃ可愛いねん。
そしてそういった悩みが集中してしまうのがリーダー。
こんなのスーパーリーダーじゃないと纏まらんで…。

伸び悩むメンバーたちを前に一計案じた新田ちゃん。
そこで皆に指示されたのは体育祭的な競技の数々。
ちゃんみおの反発をリーダー権限で封じ込める
新田ちゃんは思ってた以上にしっかりリーダーしてる。
みくにゃんりーなにMCを任せるという判断も的確です。

最初は戸惑っていたみんなも競争するうちに真剣になり
時に争い時に応援し合う盛り上がりを見せます。
うーむ、これは凄い。
全員がちゃんといい子してるのも凄いですし、
彼女らをこういう雰囲気へ持って行った新田ちゃんも凄い。
歌に合わせての合宿シーンは映画を思い出しますね。
こういうファンを喜ばせる演出は本当に上手いです。

あれほど焦っていたちゃんみおも落ち着きを取り戻し、
大縄跳びで失敗したちえりんのフォローまでしてみせます。
そして〆はお約束の花火ですよ花火。
ここで語られる新田ちゃんの決意がまた良い。
そして帰ってきた武内Pによって新田ちゃんが正式に
このユニットのリーダーを任されて次回へ続く。

いやー、まさかここで新田ちゃんの掘り下げが来るとは。
ラブライカで終わったと思っていただけに
これは嬉しい誤算でしたし、更に内容が素晴らしかった。
映画でリーダーとしての役割に悩んだ春香さんとは
また違ったリーダー像を見せてくれました。
ホント、映画を見てると感慨深いです。

ここまで来るともう不安はなし。
次回、楽しみにしています。

テーマ:アイドルマスター - ジャンル:アニメ・コミック