2015/02/24

『パニカル・コンフュージョン』体験版 感想

公式はこちら。
『パニカル・コンフュージョン』応援中!
古参メーカーエスクードの新作である恋愛ADV、
『パニカル・コンフュージョン』を体験してみました。
エスクードといえばゲーム性のあるゲームが多いですけど、
今回は特にギミックのない普通のADVらしいです。

魔法使いの里から逃げ出した幼馴染ヒロインを追って
都会の学園にやってきた主人公・剣二。
しかしいざ、幼馴染を連れ戻そうとしたところで
その場に居合わせた他ヒロイン二人を巻き込んでしまい、
その場にいた全員にラッキースケベが起こりまくるという
なんともエロゲチックな魔法がかかってしまうことに…。

という感じで、設定的にはエロゲではたまにある
ラッキースケベネタメインのお話になりそうですね。
体験版の内容も一通りのヒロイン紹介の後は
お約束のラッキースケベネタをいくつか見せて終わります。
主人公が落ち着いているので妙な展開は少ないですが、
ラッキースケベに対する反応はちょっと淡白だったかも。
日常シーンもゆったりした感じで勢いは弱めです。

公式を見るとヒロインのエロは5人分あるようですけど、
メインになるのはキャラ紹介が前の方の3人なのかな。
ツンデレ幼馴染、巨乳おっとりお嬢様、
人懐っこい元気系ポニテとバランスは悪くないですが、
フルプライスのゲームとしては少なめですね。
ここは普通に5人メインで良かったのではなかろうか。

ポジション的には主人公の相棒である人外ロリ・テオが
一番美味しい立ち位置な気もするんですけど、
体験版では実体化するところまで行かないですし、
なんというか、物足りなさの残る内容でした。


まとめ。
悪くはない。悪くはないのですが。
ヒロインは可愛いですし日常もそこそこ面白いんですけど、
ラッキースケベというネタの掘り下げに関しては
今のところ定番のものばかりで新鮮さが少なかったです。
今後もこの調子だと長時間プレイするのは厳しそう。
加えてヒロインが三人というのも力不足に感じますし、
素材的にはミドルプライス向けな気がします。
メーカー的に本命であるゲーム性重視作品と比べると
やっぱりどこか、気合が入っていないように見えました。
もう少しこの作品だからこそというものが見たかったです。