手を出したものの感想を書き溜める場所
『シルヴァリオ ヴェンデッタ』体験版 感想
公式はこちら。
『シルヴァリオ ヴェンデッタ』応援中!
lightの正田ラインじゃない方の新作燃えゲー、
『シルヴァリオ ヴェンデッタ』を体験してみました。

まずいきなり超人バトルから始まるのはいいのですが、
その後に入る設定説明がめちゃ長かったです。
舞台は文明が崩壊した未来という定番の設定なのですが、
能力法則やら世界観やらをいきなりがっつり説明するので
話のテンポとしてはいまいちよろしくなかったですね。

主人公の性格がいかにも真面目系クズという感じで、
ヘラヘラしてることが多いのもテンポを悪くしています。
妹の言うように根は真面目なのはわかるんですけど、
それを誤魔化そうとしている姿にらちょっとイライラ。
お前できるヤツなんだから普通にしてろよと。

戦闘演出も過去作と比べて派手に放っているのですが、
ピカピカし過ぎて見にくくなっているような気も。
ライター的には文章でも十分戦闘を書けるメンバーですし、
そこまで演出に頼る必要なないと思うのですが…。

というように否定的なことばかり書いてみたのですが、
終わってみたら何だかんだでめっさ面白かったです。

ともかく体験版終盤の戦闘が良い。
最初の戦闘は主人公が見てるだけだったので
いまいちカタルシスが感じられなかったのですが、
終盤ではめっちゃ派手に戦うだけに燃えも段違いです。
主人公、作中でやるときはやると評価されてましたけど、
むしろやるときはやり過ぎるぐらい容赦ないのがグッド。
日常では自称クズでしたが戦闘では出来るクズですよ。
自己評価の低さから来る強さの描写によって
一気にキャラが立ってきたという印象を受けました。
能力が小細工重視というのも彼らしい。

燃えゲーらしくサブキャラ勢も充実しています。
現時点での敵は帝国と改造人間作った国っぽいですが
他の国やスラム街も絡んでくるのかしらん。
でも金髪皇帝と最後に出てきた科学者っぽい人を見ると
どうしてもDiesの影がちらついてしまう…。
いや、どう差異を出すか楽しみではあるのですが。

そんな感じで体験版最後までプレイすると
結構好意的な目で見られるようにはなったのですが、
それでも残念だったのはヴェンデッタの出番の少なさ。
てゆーか胡散臭い勧誘してただけだよ!
いや見た目的に何となくどんなキャラかは分かるけどさ!
そこは体験版2をプレイしろってことなんですかね。

残るヒロインは妹にして常識人枠であるミリィと
ヤンデレを拗らせつつあるチトセになるのでしょうか。
チトセはこのスタッフ定番の殺し愛担当になりそうだなぁ。
いや、大好きですけどね仲良く殺し愛するの。


まとめ。
スロースターター気味で不安になる体験版でしたけど
最後まで終わらせてみると普通に期待できる内容でした。
設定語りや主人公のキャラに癖はありますが、
正直、設定については流し読みでも拾えますし、
主人公にしても戦闘モードになればこっちのもの。
燃えゲーとしてはしっかり期待できる体験版でしたし、
後は製品版でどこまで個性を伸ばせるかですね。

こちらのスタッフはヴァーミリのラストでは
突き抜けていきましたけど、それ以降はちょっと
手堅く収まり過ぎていたた感があるのでここらで一つ、
いい意味で予想を裏切る展開を期待したいです。

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム