手を出したものの感想を書き溜める場所
『ガンダム Gのレコンギスタ』第11話 感想
「突入!宇宙戦争」

戦争を阻止しようとするベルリたちですが
キャピタルアーミィもアメリアもやる気満々なようで、
次々と戦艦や新型MSを投入していくことに。
マックナイフはまた面白いデザインですね。
一方、母国に戻る途中で味方から砲撃される総監。
ベルリ母といい総監といい親がよく殺されかけるなぁ。
富野アニメだけにいつ本当に死ぬか分からないのが怖い。

総監に向かって砲撃していたのはクリム中尉でした。
海賊船と違ってボスに納まっているクリムはノリノリ。
でも部下を盛り上げるのは上手そうですし向いてるかも?
マスクもクリムも前線の兵士からは人気ありそう。

なんとか無事アメリアに到着した総監は大統領と対決。
総監、パラシュートで降下とか娘のことを
どうこう言えないぐらい突撃野郎じゃないですかね…。
大統領もいい年していますがクリムの親だけあって好戦的。
この親父にしてこの息子ありって感じですなぁ。
しかしこの時代の戦艦って横についているリングが
タイヤ戦艦を思い出させるデザインですね。

姫様また出撃しようとして止められてる…。
接近戦弱いんだから大人しく砲台に徹した方がいいのに。
戦場はメガファウナ部隊、マスク部隊、クリム部隊、
タワー部隊が同時に戦闘するという混沌とした状況に。
相変わらず雑魚相手には強いクリム中尉。
ミックもいるしモブ相手には負ける気がしません。

一方、マスクに捕まって人質にされるケルベスさん。
レックスノーが戦闘で活躍する展開が見えないぞ。
一応有利な状況で交渉を始めたマスクですが、
ベルリくんと会話しているうちにケルベスは離脱して
特に成果もないまま戦闘に突入することに。
なんかとんでもなく雑な交渉を見た気がする。

ラライヤがいるメガファウナを攻撃できないマスクたち。
そのせいでやる気満々で攻撃する側が
圧倒的に不利になるという珍しい状況に。
結局またしてもG-セルフにボコられ撤退するマスク。
姫様、バララを撤退させてるし射撃は地味に上手いなぁ。

そろそろマスクの襲撃もマンネリ化してきましたけど、
次回は軌道エレベーターの終点まで進むようですし
少し状況が変わると思っていいのかしらん。
MAっぽいアサルトパックの活躍にも期待したいです。

テーマ:Gのレコンギスタ - ジャンル:アニメ・コミック