手を出したものの感想を書き溜める場所
『学園舞闘のフォークロア』体験版 感想
公式はこちら。

いつの間にか8作目を出そうとしているChienの
『学園舞闘のフォークロア』を体験してみました。

ジャンルとしては一応、バトル物に当たるのでしょうか。
特殊な学園に集まった生徒たちが童話の力を模した
異能力を使って戦うという分かりやすい設定です。
体験版では生徒同士の試合がメインですけど
そのうち黒幕っぽい存在も出てきそうな雰囲気ですね。
分かりやすい反面、目新しさも薄めなのは仕方がないか。

主人公がなかなかイケメンだったのは好印象。
ピンチになると不敵に笑うタイプと言いましょうか。
ヒロインたちからきつく当たられても
戦闘で追い込まれても落ち着いて対応しているので
プレイしている間は終始安心感がありました。

ヒロイン配置も尽くすメイド、高飛車な構ってちゃん、
クールなツインテ、おバカなスポ根娘というように
なかなかバランスのいい配置となっています。
この手のゲームでメイドがメインに来るのは珍しいかな?
大抵はサブかヒロイン4番手ぐらいな気がします。
高飛車娘は一歩間違えると嫌な性格になりそうですが、
主人公の冷静な対応で撃墜されまくっているので
むしろ愛嬌のある娘になっているのは面白いですね。

しかし日常パートは結構好印象だったのですが、
売りであるバトルパートについてはいまいち。
能力バトル物としては能力の設定に意外性がないですし
演出も最近のエロゲと比べるとかなり控えめです。
ここら辺は予算不足なのか技術不足なのか、
メーカーとしての地力の差をヒシヒシと感じました。


まとめ。
主人公が安定していることもあってキャラの掛け合いは
安心して見られますし、話の導入部の流れも悪くない。
ただ、設定自体に目新しさはないですし、
戦闘にしても微妙に盛り上がりに欠ける展開でした。
自分のこのメーカーに対する印象は
面白そうな設定で微妙なゲームを作ることが多い
という感じですし、今回もそうなる気がしなくもない。

とはいえ、惹かれる部分もあったりするので
今のところは順位低めの購入候補という感じですかね。

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム