2014/10/24

『ガンダム Gのレコンギスタ』第5話 感想

「敵はキャピタル・アーミィ」

じわじわと戦力を増強しつつある
キャピタルアーミィに対して不安を覚えている母上。
過去の文明崩壊の詳細を知りたくなるな。
そして噂の仮面さんキター!
仮面キャラの割にはえらいゴツいMSに乗ってます。
デザイン的にもMAに近い感じです。

一方で海賊側にも新MS・ヘカテー登場。
こっちのパイロットは金髪美人さんかー。
海賊という割には物資豊富ですしやっぱ軍隊だよなぁ。
そして海賊にスカウトされまくるベルリくん。
コミュ力も戦闘力も高いですし優秀ですから仕方ない。
クリムと同じ階級にしろってのは上手い返しです。
そしてラライヤに髪を引っ張られてるクリムワロタ。
地味に仲良くなってるなぁこいつら。

作戦に反対するベルリを取り押さえようとしたクリム。
しかし逆にベルリによって関節を極められることに。
クリムを盾にして自分を戦わせるように交渉するベルリ。
クリム中尉ホント受難ばっかりである。
そこが愛嬌になってるんだけど。
艦長や大人組は結構緩くて融通が利くっぽい。

コアファイターが分離していて出撃できないG-セルフ。
エルフ・ブルックは火力高いところもMAっぽい。
しかし仮面の人、思ってたよりテンション高いぞ。
その割にエルフ・ブルックは結構ダメージ受けてますが。
そして今回は頭を引き千切られるモンテーロ。
毎回ダメージを受けうけつつも撃墜されないクリムは
なんだかんだで天才なんだろうと思います。

コアファイターでの出撃は予告どおり。
水の玉攻撃は伏線生かしつつ新鮮で面白かった!
コアファイターはVガンのように結構使われるのかな。
そしてガンダムに合体してサーベルグルグルシールド!
ダメージを受けた仮面の人は撤退と。
戦闘のテンポが早過ぎてホント目が離せないです。

今回も活躍したベルリを誉める姫様。
しかしカーヒルを殺したベルリを誉める自分に
自己嫌悪が止められず…というところで次回へ続く。
姫様が割り切るには1クールはかかりそうですな。