手を出したものの感想を書き溜める場所
『原罪』遠藤武文 感想
原罪原罪
(2013/12/11)
遠藤武文

商品詳細を見る

脳死による尊厳死や臓器移植、戦争をテーマに
現在と過去の二つの物語が絡み合う社会派ミステリー。
一応シリーズ物ですが、本作から読んでも問題なしです。

雪中酒と一緒に埋められていた棺の中から遺体が出てきた、
という事件の発端はなかなかインパクトがありました。
想像してみるとどこか幻想的な雰囲気すら感じられます。
更にその後、証拠として酒の応酬するかどうかを巡って
酒屋と警察が対立するという現実的な流れになるのが面白い。
中小企業にとっては捜査協力も死活問題なのです。

しかし警察側の描写には引っかかる部分もあり。
警察サイドの主人公である城取警部補が冤罪を恐れて
容疑者は確保しないのに酒屋の酒は強引に応酬して
酒屋を潰してしまうところとかイマイチ共感できません。
城取の相棒である四月朔日教授は探偵役かと思いきや
余計なことばかり言うので見ていて結構イラッとします。
一応真相究明に役に立ってはいるんですけど、
それ以上に会話の邪魔をしている感が凄いです。
犯人に振り回されて雰囲気もギスギスしていますし、
全体的に読みにくさを感じてしまいました。

事件の動機説明パートである過去編についても
登場人物の行動に違和感があるのは同様なのですが、
こちらはまだ戦争や信仰という日常から外れた要素が
加わってくるので、違和感が緩和されています。
主人公である仁科の、想い人が不治の病に犯され
何かしたくても打つ手がない無力感も分かりやすいです。
現在とはまったく繋がりのない開始地点から
最終的には綺麗に現在に繋がっていたと思いますし、
テーマ的にも過去編の方がメインな作りなんでしょうね。

そんな感じで警察側の動きは気になったものの、
なんだかんだでそれ以上の面白さのある作品でした。
でも次回作は四月朔日教授をもう少し何とかして頂きたい。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学