手を出したものの感想を書き溜める場所
『アストラエアの白き永遠』体験版 感想
公式はこちら。
アストラエアの白き永遠 応援中!!
ジャンルとしては一応、超能力物になるのかな?
超能力を持った主人公たちが街で起こる不思議現象の
謎を追いかけていくというのが基本的な流れっぽい。
超能力物といっても、体験版を触ってみた感じでは
燃えゲーではなさそうですし、ヒロインの属性を
見た感じでは感動系のお話になりそうな気がします。
体験版の最後に起こるイベントも家族ネタでしたしね。

日常シーンは落ち着いたコメディという感じで、
主人公は地味めですが、ヒロインは全員可愛いです。
主人公がヒロインを引き立てている面はありますが、
積極的にヒロインの魅力を引き出すとまでは
行かないところに、少しだけ物足りなさを感じたり。
気遣いは出来ているのにどこか控えめというか。

サブキャラ、特に園児組などはキャラが立っていて
日常会話の幅が非常に広くなっているのですが、
その反動で本筋が進むテンポが遅くなっている面も。
ヒロイン格が6人とエロゲとしては多めですし、
それにサブキャラまで含めると会話させるだけで
どんどんテキスト量が増えるのも仕方がないか。

ヒロインでは雪々が圧倒的メインヒロイン。
あからさまに真ヒロインオーラ出しまくってますし、
あざといですけど、正体が非常に気になります。
見た目ほどお子様じゃないっぽい?
ただ、この手のキャラは話的には重要な反面、
ヒロインとしての押しが弱くなる傾向も。

落葉と一夏は一般人ヒロインですけど、
個別ルートが超能力者関連の話になるのか、
それとも日常メインになるのかが気になるところ。
二人ともいい子ではあるのですが、今のところ
普通の学園物のヒロインっぽい描写ですね。
でも親族のことを考えると超能力サイドになっても
おかしくないですし…うーむ、分からん。

りんねは実に私好みのクール系妹でした。
周りのお子様扱いに対する反応が実に可愛くて
ずっとお子様扱いしていたくなるナイス妹です。
ただ…主人公の対応次第では胸糞になる可能性も。
仕事とはいえ、何度もキスしている関係ですし、
そこら辺をどう捌くかで全てが決まるでしょう。
りんねのキャラはホント好きなんですけど。

コロナはロボだと知ってビックリしましたね。
いや、そういう世界観だとは思ってなかったので。
キャラ的にはマルチ(古い)から連綿と続く
健気ロボですけど、ある意味使い古された題材を
どう料理するのか…期待半分不安半分、です。

琴里は分かりやすいかっこつけツンデレですね。
出番はそこそこあったんですけど主人公との絡みが
ほとんど少なくて先が読めないという珍しい娘。
敵…というわけでもなさそうですし…謎です。


まとめ。
ちょっとテンポは悪かったものの、描写は丁寧で
ヒロインたちも可愛い、優等生的な作品でした。
キーヒロインである雪々の存在感も抜群でしたし、
続きが気になる体験版だったと思います。

今回の作品のライターはなかひろさんと保住さん。
自分としては、なかひろさんはしっとりな話、
保住さんはほっこりな話という正反対のイメージを
持っているのですが、この作品はどうなるのか。
良いロリゲーになることを期待しています(台無しだ

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム