手を出したものの感想を書き溜める場所
トヨタ・ヴィッツ(後期型) 試乗感想
えらく気合の入ったマイナーチェンジが
話題になっているヴィッツに試乗してきました。

試乗車のグレードは1.3F。
今回のマイチェンで最大の売りである
新エンジンを搭載しているグレードですね。

正直、外装は写真で見ると微妙でしたけど、
実物を見てみると結構いい感じです。
キーンルックではヴィッツが一番好きかも?
しかし若々しく引き締まった前側に対して、
尻側が地味でおっさん臭いのはバランスが悪い。
どうせなら尻も大きく変えて欲しかったです。

マイチェン前に評判の悪かった内装は
収納やデザインの変更で改善されていますね。
樹脂の質感は上がったような気がしますし、
助手席アッパーボックスは使いやすそう。
ただ、前席のドアパネルは布張りになったのに
後席は相変わらず樹脂一枚なのが非常に安っぽい。
なんでこんな中途半端なことしたんだろう。
後席ドアのペットボトルホルダーもないですし、
最近のコンパクトカーとしては物足りない。

一方、走りの質感は大きく上がっていましたね。
新エンジンは低速トルクも十分ですし、
回転数が上がったときの音質も上品でした。
低燃費車特有のモッサリ感はほとんどないです。
アトキンソン1NR-FKE、なかなかいいじゃない。

アイストからの再起動時の音も非常に静か。
ボディ剛性や遮音に関しても前期型とは別物で、
振動、ノイズともにかなり抑えられています。
足回りはスポーティーというほどではないですが、
適度に振動を吸収しつつロールを押さえていて
車格がワンクラス上がったように思えました。

売りである燃費性能に関しても、坂道が多く
回転数の上がる試乗コースだった割には
リッター16kmというなかなかのもの。
もちろん燃費計との誤差はあるでしょうけど、
実燃費も結構良さげではないでしょうか。

そんな感じで外装そこそこ、内装は微妙、
走りは良しなので、総合的にはまずまず…
と言いたいところですが、問題はお値段ですね。
最大のライバルであるフィットと比べると
装備面ではかなり見劣りしてしまいます。
1.3Fにはオートエアコンとスマートキー、
1.3UにはLEDライトとクルコンぐらいは欲しい。
走りではヴィッツが上なんですけど
使い勝手や質感ではフィットが上ですし、
そこに安全装備の充実っぷりまで考えると
やはりフィットの勝利は揺るがないでしょう。
ヴィッツに少し足すとアクアやフィットHVが
買えちゃうと価格設定も難しいところです。


まとめ。
マイチェンによって格段に良くなったヴィッツ。
特に走りの質感は優秀と言えるレベルでしょう。

しかし価格がHV車と大差なくなったことで
選ぶ意義が前期型よりも薄くなったのは皮肉。
安定感や静粛性は高くコンパクトカーの中では
長距離が苦にならないタイプだとは思うのですが、
それにしても決定的な長所ではないですからね。
販売員さんも価格については苦笑いしてましたし、
現場に苦労を押し付けちゃった感も強いです。

コスパについてはお得な特別仕様車待ち。
現時点ではトヨタブランドという付加価値に
お金を上乗せできる人向けという感じですかね。

テーマ:新車・ニューモデル - ジャンル:車・バイク