2013/10/29

『一刀流無想剣 斬』月村了衛 感想

一刀流無想剣 斬一刀流無想剣 斬
(2012/10/30)
月村 了衛

商品詳細を見る

機龍警察の月村了衛さんによる剣術小説。
メカの次は時代劇とは引き出しの多い人である。

謀反によって父を殺されたお姫さま。
他に頼れる者のいない彼女のために
一刀流の継承者、神子上典膳が立ち上がる!
という感じで、話の掴みは王道時代劇そのもの。
腕も度胸もある典膳の描写もさることながら、
敵側の下衆な殿様ややり手策士、双子剣士という
お約束なキャラ配置にもニヤニヤさせられます。

話の二転三転っぷりも面白い。
次から次へと襲い来る敵の罠。
そこからの典膳の機転による脱出。
更には予想外な援軍にこちらの裏をかく敵など、
ころころ変わる状況から目が離せません。
エンタメとしてもよく出来ています。

そして終盤のどんでん返しがまた渋い。
正直、中盤までは、面白いもののよくある
勧善懲悪ものという印象だったのですが、
これが最後に一気にひっくり返ります。
いやー、こういう仕掛けは大好きですわ。

ただ、こうなるとヒロインであるお姫様の
キャラが薄いのが気になってきます。
他のキャラが心に一物抱えているのに対して、
このお姫様と小姓が普通なんですよね。
もちろん年齢的には普通で当然なのですが、
物語からは浮くというか物足りないというか。

とはいうもののこれにしても細かいこと。
剣術小説は久々に読みましたけど、
このどこか重くて暗い雰囲気は癖になります。