手を出したものの感想を書き溜める場所
『黄雷のガクトゥーン:シャイニングナイト』 感想
公式はこちら。

LiarSoftの名作(断言)である
黄雷のガクトゥーンのFDの感想です。
Liarが単品のFDを出すのは珍しいですね。

感想。
うん、感想ね、うん。
正直、いい意味で語ることがないんですよね。
やり残したことを一気に片付けたというか。

今回は多人数視点にしているだけあって、
サブキャラ勢の描写は多めになっています。
気になるあいつとあいつの関係とかも
しっかり決着をつけているのは素晴らしい。
笑いあり涙ありの青春物って感じでしょうか。
そして最後はやっぱりお爺ちゃんとネオンが
ビシッと決めて感動のフィナーレです。
これぞ大団円という感じ。

特にスタッフロールの演出は感動しましたよ。
Liarどうしちゃったの!?というレベル。
このエンディングは絶対見るべきでしょう。
いやほんと、見惚れてしまいました。

あと、やっぱマックはいい男ですよね。
絶対に振り向いてくれない女に尽くす男。
これぞ究極の純愛でしょう。
こういう報われない男って大好きです。

少しだけ引っかかった点。
同じ話を多人数視点でやったせいで
テンポが悪くなったのは仕方ないかなー。
視点が変わる面白さはあるものの、
流石に後半は少しダレた感もあります。

まとめ。
ご馳走様でした。
FDなのでボリューム少なめでしたけど、
本編終了後の外伝として考えれば
これはこれで適当な長さなのかもしれません。
やることはきっちりやってましたしね。

自分の中ではガクトゥーンという物語は
これで綺麗に終わったので、次の完全新作に
新たな心構えで挑むことが出来そうです。

テーマ:エロゲー - ジャンル:ゲーム