手を出したものの感想を書き溜める場所
『パシフィック・リム』 感想
一部では噂になっているアメリカ製の
実写版巨大ロボット映画を見てきました。

いやー、面白かった! 興奮した!!
思ってたよりも戦闘シーンが少なかったのは
残念でしたけど、迫力は凄かったです!
どの戦闘シーンも震えながら見てましたよ!
ロボと怪獣の殴り合いという男の子なら
誰もが一度は夢見たであろうシチュを、
このクオリティでやってくれたことに感謝!!

しかしあれですね。
戦闘シーンのクオリティが高い分、
見ているこちらの疲労もかなりのものでした。
怪獣との掴み合いではいつ装甲を割られるか、
終始ビクビクしながら見ていた気がします。
装甲の軋み音がもう怖くて怖くて。

パーツが飛び散るシーンなんかはアニメでは
よくあるんですけど、この映画では描写が
細かいせいでちょっとグロく感じられました。
「えぐられた!」って感じがね、凄い。
その状態からの反撃がまた燃えるんですけどね。

ストーリーはよくある話ですし、設定にしても
使い古された物なのですが、映像の凄さは
それらを補って余りある物だったと思います。
ラストバトルがあっさりなのは残念でしたけど、
それでも手に汗握るぐらい楽しめました。
ロボ好きなら見とくべきでしょ、これは!

以下ネタバレで少し。
>>続きを読む

テーマ:特撮・SF・ファンタジー映画 - ジャンル:映画