手を出したものの感想を書き溜める場所
『桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活』奥泉光 感想
桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活
(2011/05)
奥泉 光

商品詳細を見る

奥泉さんといえばお馬鹿なノリの中にも
さらりと重い設定をぶち込んできたりしますが、
この作品は徹頭徹尾お馬鹿要素で出来ています。
ジャンルはミステリー短編集っぽいです。

主人公である桑幸、桑潟幸一は底辺大学の中で
更に最底辺を行くダメ人間にして準教授です。
実力なし、やる気なし、ヘタレ度MAXという
これだけダメな主人公も珍しいような。
まあギャグ小説だから許されちゃうのですが。

3つある事件はどの真相もしょーもないのですが、
トリック自体はなかなか面白かったりします。
奥泉さんはこういうお馬鹿なネタがお上手。

ただ、やっぱりこの小説の一番の見所は
主人公である桑幸のリアクションでしょうね。
給料激減で貧乏生活が始まったかと思いきや
大根雑炊が美味過ぎて満足してたりとか、
上司にへこへこしていたかと思ったら
そのことを思い出してぶち切れたりとか、
いちいち反応が小者っぽくて素敵なんですよ。
40男がピンチだからって女子大生達の前で
涙ドバドバ流して泣き出すとかもうね、噴くわ。
そしてラストの一言が秀逸過ぎる。

文芸部の面々もいい感じで下品で面白い。
女子校の会話とか男子校よりもエグイって
聞いたことがありますけどこんなのかなぁ。
まあコスとかBLの話ばかりするのは
ここが文芸部ってこともあるんでしょうけどね。
桑幸は完全にペット扱いですなぁ。
男としては情けないですけど、この娘達を
相手にすると気圧されまくるのも仕方がない。

奥泉さんの軽快な文章に内容の軽さもあって
いい感じにストレスが解消される作品でした。
それにしてもこの表紙、登場人物全員を
美化し過ぎではないだろうか…。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学