手を出したものの感想を書き溜める場所
『月見月理解の探偵殺人』第3巻 感想
月見月理解の探偵殺人(3)<完> (シリウスKC)月見月理解の探偵殺人(3)<完> (シリウスKC)
(2013/04/09)
白梅 ナズナ

商品詳細を見る

月見月理解コミックス版の3巻目。
これで完結ですね。

今回はクライマックスだけあって流石の顔芸率。
宮越さんもいよいよ本気を出すよ!
宮越さん、追い詰められてるときに顔が
本当にぐぬぬって感じでゾクゾクするんですけど、
その後の発狂顔がこれまた素晴らしいんですよね。
あと、理解の殴られた後の顔もゾクゾクします。

そしてニコニコでも絶賛の嵐だったお風呂回。
理解の圧倒的メインヒロイン力がここに来て全開。
一緒にお風呂というだけでもやばいのに
理解のいたずらっぽい表情がね、もうね、死ぬ。
重い過去を笑いながら話すところも凄く好き。
ここで完璧に落とされたのが私です。

終盤、れーくんを追い詰める理解は顔芸全開。
しかしそれもまたラストの笑顔への伏線でした。
ホント、この作者さんの描く表情は素晴らしい。
あと、表紙の生足も素晴らしかったです。

おまけページ。
交喙ばかりになるかと思ってましたけど
ここでもメインヒロインである理解が多かった。
ウエディングドレスは可愛過ぎますし、
ゴスロリ、性別逆転、性格逆転も面白い。
性格逆転れーくんはもっと見たいな。
理解のあのシーンを描いてくれたのには感無量。
いやね、ほんとね、ちょっと涙出そう。
ラストページが煮魚さんだったのには噴いた。

今まで多くのコミカライズを見てきましたけど、
これだけ素晴らしいものはそうそうないですね。
書き手の白梅さんには全力で感謝。
流石にこれ以上の続編は期待薄でしょうけど、
もし出たら当然買わせていただきますよ!

テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック