2012/11/14

『黄雷のガクトゥーン~What a shining braves~』体験版 感想

公式はこちら。
黄雷のガクトゥーン
息の長いメーカーであるライアーソフトの
これまた息の長いスチパンシリーズの最新作。
その体験版を早速触ってみました。

正直、プレイ前はそれほどモチベが
上がらなかったのですが…いざ触ってみると
なんだかんだでめっちゃ面白かったです。
…いや面白いというより爽快感が凄いのか。
主人公かっこ良過ぎて変な笑いが出たんだぜ。

体験版の内容は3章→1章という特殊仕様。
プレイした感じでは3章は途中までかな?
1章の方が割と長めな印象でした。

雰囲気的にはいつものスチパンですねー。
蒸気と機械と数式の溢れる街で色々と
怪奇現象が起こり、思弁的探偵部部長である
ニコラ・テスラが解決していく流れです。
相変わらずのヒロイン視点ですが、
相変わらず可愛いのでまったく問題なし。

今回の主人公であるニコラ・テスラ。
オタ的には割と有名な人…だと思う多分。
今回は予備知識なしでプレイし始めたので
まったく内容を知らなかったのですが、
変身ヒーローものだったとは意外でした。
…でも良く考えたら毎回変身してる気もする。
性格的は日常パートでは天然ボケ気味ですけど、
戦闘になると滅茶苦茶かっこいいですね。
少女マンガの王子様級のイケメンっぷりです。
自称・72歳ですけど、この年になっても
ヒーロー心を忘れないとか理想の爺ですわ。

今回のヒロインであるネオン。
苦学生で人生に諦めかけていたところを
ニコラに救われてメイドになるわけですが、
この娘がまたいちいち可愛くて面白いですね。
1話で貧乏に追い詰められて足掻いてる所は
健気ですし、ニコラへの乙女っぷりもナイス。
ムッとすると目つきが悪くなるところや
「してください。しろ」の台詞回しも萌える。
スチパンヒロインは毎回少数精鋭だなー。

戦闘はいつも通りテンション高いですね。
この台詞回しもスチパンらしさというもの。
速度が足りない!には笑ってしまった。
今回は奥の手がロボっぽいですけど
メカデザインが私のツボを付いています。
巨大化はヒーロー物のお約束ですね。
敵組織が6人衆なのもヒーロー物っぽい。

今回は途中の選択肢でミニエピソードが
開放されるという簡単な作りですけど、
正解は割と分かりやすい気がしますね。
総当りでも大した手間ではないかと。

あと、ついに非アクティブで動くように!!
ヒロインがよく語ってくれる作品だけに
この機能の追加は本当にありがたいです。
これで作業中もバックで流し放題なんだぜ!

まとめ。
あー今年最後の期待作来ちゃったかー。
主人公がかっこ良くてヒロインが可愛いのに
買わないという選択肢があるわけがない。
ここまでヒーローっぽいノリなんだから
最後まで突っ走ってくれることに期待です。
これでスカッと終わってくれれば
素敵な気分で年末を迎えられそうですし。
男の子用も女の子用も欲しいなこれ。

あと今回全体的におっぱい大きいよね。