手を出したものの感想を書き溜める場所
日産ワールドプレミアイベント(新型ノート発表) 感想
ワールドプレミア見てました。
ノートは広さやパワー、コスパの良さで
スイフトと迷った車なので今回の新型も興味あり。

以下、私的に良いと思った点。

形はフィットやラクティスと似ていますけど
これ系の箱型コンパクトでは一番好みかも。
前後ライトやグリルの形が結構気に入った。
新鮮さはないですが後発らしい手堅さですね。
でもドアパネルの波は板金が大変そうだ。

内装ではメーターがかっこいい。
形も色も良くてやる気にさせてくれますね。
パーキングブレーキが足踏み式から
手動式に変わったのも良いところだと思います。
やっぱ脇に棒がないと落ち着かないんですよ。
サイズが大きくなった分室内も余裕がありそう。

逆に微妙だと思った点。

やっぱり実車を見るとでかい。
あちこちで4.15mという情報が出ていますけど
やっぱりこの大きさはコンパクトではない気が。
回転半径が5m以上だったら売れない気がします。
ティーダのシェアまでカバーしようとして
結果的に中途半端な大きさになっているような。
もうチョイ小さくすれば燃費も伸びたでしょうに。

ハンドルやセンターパネルは微妙。
マーチみたいな丸々とした安っぽいハンドルは
格上のこの車には合っていないように見えます。
センターパネルは…すごく、ベリーサです。
そのせいもあって妙に古臭く見える。

あと、後席ヘッドレストが2つしかないこと。
国内車種でも3つの車が増えてきましたけど
ミラージュもノートも何で今更手を抜くのか。
この調子だとサイドカーテンエアバッグや
横滑り防止装置もオプションなんだろうなぁ。
その点、新型カローラはよくやったと思います。

まとめ。
悪くはない。でもインパクトは薄い。
燃費にしても装備にしても衝撃は少なく、
一番「おおっ」と思ったのがメーター。
スーチャー搭載は日本車としては新しいですが
燃費自体はそこまで目新しくもないですし。
まあ燃費は重量的にフィットより1ランク上だと
考えると立派なものですが、次期フィットや
次期デミオとは結構差が付きそうな気が。

まあ、ソリオが出た当時もあの中途半端な
サイズが売れるとは思えなかったものの
実際には結構売れていますし、今回のノートも
一回り小さいフリードと考えればいけるかも?

カローラより少し安い価格設定で同等の装備なら
次期愛車候補として考えますが…はてさて。

テーマ:新車・ニューモデル - ジャンル:車・バイク