手を出したものの感想を書き溜める場所
『平グモちゃん-戦国下克上物語-』 感想
平グモちゃん、GO!
平グモちゃん
ということでライアーソフトの最新作である
平グモちゃんをプレイしてみました。
年表96パーでコンプまであと少しですけど
完全に煮詰まってしまったのでひとまず
現時点での感想をサラッと書いてみます。
攻略関連は別のサイトにお任せ。

年表を見る限り重要なエンディングは一通り
見たとは思うのですが、皆が詰まっている
こことかあそことかで劇的な展開があれば
後々追記するかもしれません。
ちなみにこのゲームは修正パッチ必須なので
これからプレイする人は公式へGO!です。

さて、タイトルから分かるように
松永久秀を主人公としたこのゲーム。
結論から言わせてもらうと…超楽しかった!

もともと歴史のif展開には期待してたのですが、
50個近くもの結末があるとは完全に予想以上。
選択肢や分岐が非常に充実しているおかげで
好き勝手に歴史に介入することが出来ます。
流石にヒロインルート以外はあっさりですが、
それでもこれだけ分岐させたのはお見事。
歴史ゲーだけに男キャラが非常に多く、
あの人の幕府が出来たりあの人と天下分け目の
大決戦できたりと浪漫溢れまくる作品でした。

もちろん歴史通りの道を進む正史ルートや
ヒロインと一緒に歩む偽史ルートの出来も良し。
ほのぼのENDや切ないENDはもちろん、
その他にも悪まっしぐらなENDもあったりして
様々な松永久秀の可能性を見せてくれます。
プレイしているうちにまるで自分が久秀として
生きたようなやりきった感まで出てくる始末。
正直、ここ最近のゲームとしては一番充実した
読後感のある作品だったと思います。

でもそんな良作である本作の最大の欠点は
恐ろしいほど薄いエロシーンでした。
いやライアーですし期待してなかったですけど
それにしても本気でおまけのような扱いです。
シーンが少ないうえに各シーンもマッハという
清々しい割り切りっぷりにはもう苦笑しか。
ヒロインは魅力的でしかも夫婦設定多いのに
エロが少ないとかどういうことなの…。
特に良妻である平グモちゃんや楽ちゃんは
もうちょっと何かが欲しかったです。マジで。

あと年表は繰り返しプレイしてると
段々めんどくさくなって来るのに困った。
ビジュアル的には非常に面白いですし操作感や
ヒント機能を充実させると化けそうですけど。
国力やストレスでの分岐も面白いのですが
これだけ分岐が多いと条件絞るのがキツイ。

まとめ。
俺が松永久秀だ!
この一言で全てを表せるゲームでしたね。
元々久秀好きでしたけどより好きになれました。
男キャラはかっこいいし女キャラは可愛いし
歴史の大舞台では好き勝手できるしと
最初から最後まで充実しまくりの戦国ライフを
楽しみたい方にはお勧めできる逸品。
子供の頃からの戦国武将になりたいという夢が
実現した…とまではいかずとも、それに
近いものは堪能させてもらったと思います。

以下ネタバレでヒロインについて少し。
>>続きを読む

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム